初心者も安心!真夏のゴルフ持ち物リストと気をつけるべきポイントとは? | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

初心者も安心!真夏のゴルフ持ち物リストと気をつけるべきポイントとは?

summer-golf-01

年々暑くなる夏の気温。夏は暑すぎるからゴルフをしたくない!という方も多いのではないでしょうか?

真夏のゴルフは日差しも強く、体力が消耗し、すぐバテてしまいがちです。

実はそんな真夏のゴルフも、事前準備や工夫次第でより楽しく快適にプレーできるんです!

今回は初心者の方にもわかりやすく、夏のゴルフの必須アイテムや気をつけるべきポイントなどをご紹介していきます。これから夏を迎えるにあたり、ポイントを抑えて楽しい夏ゴルフを満喫しましょう!

1 夏のゴルフで準備するべきものとは?

1-1 吸汗速乾や冷感・放熱機能付きのゴルフウェア

何と言っても必要必要不可欠なのは、吸汗速乾や冷感機能付きのウェアです。

ラウンド中は、ほとんどと言っていいほど日陰に入ることはありません。

長時間炎天下のもとでできるだけ快適にプレーできるよう、UV機能はもちろん、汗をすぐに乾かしてくれる「吸水速乾」もしくは「吸汗速乾」機能付きのウェアは必ず着用するようにしましょう。

最近は、冷感機能などの身体の熱を外に逃がしてくれて、サラッと着心地の良い素材のウェアもたくさん販売されています。熱中症対策の為にも、必ず1枚は持っていたいですね。

1-2 キャップ

summer-golf-02

真夏のラウンドは、通気性を重視したメッシュキャップや、水に濡らすと冷たく感じる素材を使用したものがおすすめです。

サンバイザーを被る方も多くいらっしゃいますが、猛暑日は後頭部に直接日光があたり、中には後頭部をやけどする人や、熱中症になってしまう方も。

紫外線対策や熱中症対策の為にも、真夏日のラウンドはしっかり後頭部が隠れて、且つ通気性の良いメッシュキャップを選ぶようにしましょう。

どうしてもサンバイザーが良い方は、スプレータイプの日焼け止めをしっかり後頭部に振りかけることをおすすめします。

また、メッシュキャップの他にも、麦わら帽子やハットをかぶる方も。通気性を考慮しながらもおしゃれを楽しむことも、ゴルフの醍醐味のひとつです。

女性の方は、ツバ部分が大きめのセルバイザーや首元までかかる日よけ垂れ付きのハットなどもありますので、しっかりと日焼け対策をしながらも夏ゴルフならではのおしゃれを楽しみましょう!

1-3 機能付きアンダーウェア

summer-golf-03

最近主流になってきている機能付きアンダーウェア(インナー)。ピタッとした着心地で見た目では暑苦しいのでは…?と感じる方も多いのではないでしょうか?

実は、アンダーウェアはかなりの優れもの。

吸汗速乾やUV機能はもちろん、冷感機能や中にはゴルフ用にスイングしやすい設計になっているものも発売されています。ネック部分もポロシャツから見え辛いUネックタイプや、首元まで日焼け対策ができるハイネックタイプ、半袖やノースリーブタイプまで様々な種類のアンダーウェアがあります。

その中でも真夏日のゴルフに一番おすすめなのが、長袖ハイネックタイプの機能性アンダーウェア。日光が当たりやすい首元や腕の露出を抑えることで、熱中症対策や日焼け対策と同時に体力の消耗を抑えてくれるでしょう。

また、着脱しにくい方や締め付け感が苦手な方は、ルーズフィットタイプや腕部分のみのアームカバー、ポロシャツの中で羽織るタイプのボレロ型などもありますので、ご自分の好みにあったアンダーウェアを探してみてください!

1-4 冷感グッズ(氷嚢やネッククーラーなど)

熱中症対策では、首を冷やすことがとても重要と言われています。

カートの移動中やラウンドの途中など、こまめに首元を冷やして体温の上昇を抑えましょう。初心者の方は特に、動き回る場面が多くあるかと思います。

初心者の方や暑さに弱い方は、氷嚢とは別にネッククーラーで首元を冷やしながらラウンドをすることもおすすめします。

猛暑日には氷を提供してくれるゴルフ場もありますので、暑さを我慢せずにできるだけ常に涼しくプレーできるような対策をとりましょう。

1-5 その他あると便利なもの

1-5-1 日傘

ゴルフ場には日陰がかなり少ない為、ラウンド中は日傘があると安心です。

カートに積んである傘でも対応は出来ますが、晴雨両用のものを1本持っていると突然の雨でも安心です。女性だけでなく、男性も駆使して夏ゴルフを楽しみましょう!

1-5-2 保冷バッグ

真夏に冷たい飲み物をカートに置いておくとすぐに暖かくなってしまいます。

スポーツドリンクなどの飲み物は保冷バッグにいれて、いつまでも冷たいままで飲める状態にしておきましょう。冷たい飲み物は、体内から身体を冷やしてくれますので常備しておくと安心ですね。

1-5-3 サングラス

サングラスは見た目が本気っぽくて上手い人しかつけにくい…と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そんなことはありません!

ご自身の目を紫外線から守る為にも、サングラスの着用をおすすめします。様々なレンズがありますが、偏光レンズを選ぶと芝目やグリーンも読みやすくなります。

ただしマナーとして、クラブハウス内ではキャップ同様サングラスを外しましょう。

1-5-4 替えのウェア

真夏のゴルフは、ハーフラウンドしただけで汗だくになることが多々あります。

汗だくのウェアのままクラブハウスに入ると、室内のクーラーの効きすぎで身体が冷え切ってしまうことも。

そこで、休憩中に新たなポロシャツに着替えることで、ベタつきもなくなり、気持ちもリセットして快適に後半のラウンドに望むことができます。

1−5−5 日焼け止め

紫外線を直接浴びて肌に起きる影響はしみ、そばかす、たるみの老化だけでなく、最悪の場合は皮膚ガンに及ぶと言われています。

UVカットのウェアを着るだけでなく、しっかりと日焼け止めを塗って日焼け予防をすることをおすすめします。

また最近では、ベタつかずに塗れて、虫除け効果のあるゴルフ用の日焼け止めも販売されています。スプレータイプも気軽に吹きかけられるので、1つはカートバッグの中に入れてこまめに塗るようにしましょう。

2 夏のゴルフで気をつけるべきこととは?

2-1 ウェアのマナーについて

夏になると男性でも露出度が高くなります。どれだけ暑いラウンドでも、ゴルフ場のルールに沿った格好でゴルフを楽しみましょう。

特にハーフパンツやショートパンツ、スカートを履く際には、ハイソックス着用必須のゴルフ場がまだまだ多く存在します。

事前に調べておくことが大事ですが、ハイソックスを常にカバンの中に入れて持っているとどのゴルフ場に行っても安心ですね。

また、超有名なゴルフ場では機能性アンダーウェアが「下着」と見なされ、着用していいものの、見えてはいけないというところも。しっかり下調べをして、認められたルールの中で夏のゴルフウェアのおしゃれを楽しみましょう!

2-2 汗でグリップが滑りやすい!

summer-golf-04

雨の日のゴルフ同様に、真夏の暑い日も手汗によってグリップが滑りやすい!という方も多くいらっしゃるかと思います。

そんな時は、全天候型のグローブがおすすめです。超極細の繊維がグリップ力を高めてくれるでしょう。

また、ショット時以外はグローブを外しておく、常にタオルで手をふいてからグローブをする、などこまめに手汗を気遣うことで汗による滑りを軽減させることもできます。

2-3 熱中症対策!アーリーバードや薄暮プレーもおすすめ!

summer-golf-05

真夏のお昼過ぎ13時〜15時ごろは、1日で1番気温が上がる時間帯と言われています。

昨年(2018年)は最高気温40度を超える場所も…!

外に出るだけで暑さにやられそうですね。そんな時は、「アーリーバード」と呼ばれる明け方にゴルフができる早朝ゴルフや、逆に気温が下がり始めたころからプレーできる「薄暮プレー」がおすすめです。

「アーリーバード」はゴルフ場にもよりますが、だいたい朝5時前後からスタートでき、ハーフで休憩を挟まずにスルーでラウンドするというところがほとんどです。

暑くなるお昼前にはホールアウトできるので、なるべく暑さを避けてプレーすることが可能です。さらにプレー後の午後を他の用事に当てることも可能ですので、より充実した1日になること間違いなしです。

一方で「薄暮プレー」もだいたい15時以降にスタートでき、ハーフラウンドで終了することができます。またナイターがあるところは「ナイターゴルフ」と呼ばれる、スループレーで18ホール回れるプランもありますので、暑さや日差しもなるべく軽減された環境でゴルフを楽しむことができるでしょう。

ただし、ナイターゴルフは虫も出やすいので、虫除けアイテムを持っていくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

年々暑さが増している夏ですが、ウェアや暑さ対策のグッズを揃えるだけで、より快適にゴルフを楽しむことができます。

さらに近年では、アーリーバードやナイターゴルフを取り入れるゴルフ場が増えてきています。工夫次第で夏でも涼しくゴルフができるので、みなさんも試してみてはいかがでしょうか?

今年の夏も暑さに負けず、スコアアップを目指していきましょう!