ゴルフ初心者はスクエアグリップから始めよう! | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフ初心者はスクエアグリップから始めよう!

ゴルフの基本中の基本と言われているのがグリップの握り方。

グリップの握り方には大きく分けて3種類あります。左手をやや被せ気味に握る「ストロンググリップ」、やや開き気味に握る「ウィークグリップ」、そして今回ご紹介する「スクエアグリップ」。

自分の打球の癖や打ち方などでグリップを変えるゴルファーは多くいらっしゃいます。

しかしゴルフ初心者の方は、まずは基本のスイングフォームを身に付けることが何よりも重要。

スクエアグリップは、この基本のスイングフォームを身に付ける上でとても重要なキーポイントとなります。

今回はそんなスクエアグリップの基本と、そのメリットについてご紹介します。

1 スクエアグリップとは?

1-1 スクエアグリップの特徴

square-grip-01

スクエアグリップは、グリップの握り方の中でもっとも主流なグリップ方法と言われています。

左手をやや被せ気味に握る「ストロンググリップ」と、逆に左手を少し開くイメージで握る「ウィークグリップ」の丁度間の握り方をするのがこのスクエアグリップです。

ゴルフ初心者の方は一番最初にゴルフクラブを握る際、このスクエアグリップの握り方から習得します。

いわばゴルフの基本中の基本がこのスクエアグリップ。

ではスクエアグリップのグリップ方法を詳しく見てみましょう。

1-2 スクエアグリップの握り方

square-grip-02

まずゴルフクラブを握る基本として、左手→右手の順にクラブを握ります。

まずは左手。小指から薬指、中指の順にクラブを握っていきます。

親指はグリップの中心からやや右側に乗せるイメージで握りましょう。

真上から見て、左手の拳の山が2個ほど見えているかも確認してみてください。

この時に注意したいのが、力の入れ方。親指と人差し指にはあまり力を入れずに、中指以降の3本の指でしっかりと握ることを意識しましょう。

左手がしっかり握れたら、右手を被せます。この時に注目したいのが、左手の甲と右手の手の平。

左手の甲と右手の手の平とがしっかりとターゲット方向を向きいていれば、スクエアグリップの完成です。

2 スクエアグリップのメリット

2-1 ストレートボールが打ちやすい

square-grip-03

スクエアグリップで握るメリットとして挙げられるのが、ストレートボールが打ちやすいという点。

そもそもゴルフクラブの構造上、フェースの開閉の動きの中でボールをインパクトさせますよね。

このヘッドがいいタイミングで閉じる動作ができれば、ボールはまっすぐ飛んで行きます。

そこでスクエアグリップで握って自然な状態で振るだけで、しっかりとクラブフェースが開閉しやすい動きになるのです。

自分の手首を動かすことでフェースを開閉するのではなく、スクエアグリップで握ることが自然と理想的なフェースの動きへと繋がります。

スクエアグリップで毎回同じように振ることができれば、飛距離アップも期待できるでしょう。

2-2 美しいスイングフォームが身につく

スクエアグリップのもう一つのメリットが、綺麗なスイングフォームを身に付けることができるという点。

スクエアグリップは、ゴルフスイングにおいて基本中の基本であるとご紹介しました。

さらにストロンググリップやウィークグリップと比べて、スクエアグリップを握った際の手首や手の甲の向きは、脱力した状態とも似ていると言われています。

つまりは、より自然な状態でゴルフクラブを握ることができるのです。

自然体でクラブを握り、しっかりとインパクト時にクラブフェースの開閉ができるスクエアグリップは、自ずと無駄な動きのない綺麗なスイングフォームとなります。

もちろんストロンググリップやウィークグリップでもスイングが綺麗なゴルファーはいらっしゃいます。

しかし、特にゴルフ初心者の方は、まずはこのスクエアグリップでしっかりと美しいスイングフォームを手に入れることを目指しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はゴルフの基本である「スクエアグリップ」についてご紹介しました。

スクエアグリップは、この握り方さえすればクラブの開閉の動きがスムーズになったり、理想的な綺麗なスイングフォームが身につくなどメリットばかりです。

ゴルフ初心者の方は、ぜひスクエアグリップからゴルフクラブの扱い方を習得することをおすすめします。

だんだん慣れてきて、自分の打球の癖などが見えてきたら、他のグリップ方法を試してみるのもありです。