ゴルフクラブのグリップ交換について/グリップの種類を紹介! | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフクラブのグリップ交換について/グリップの種類を紹介!

ゴルフクラブと身体の唯一の接点である、「グリップ」。

せっかく購入したゴルフクラブ。グリップ部分が劣化していませんか?

このグリップ部分は、より良いスコアを出すためにもメンテナンスが必要なのです。

そして自分に合うクラブ、スペックがあるように、グリップにも自分のスイングにあったものが存在します。

今回はそんなグリップ交換の重要性や、はじめてのグリップ交換での選び方、種類などわかりやすくご紹介します。

1 グリップ交換の必要性

1-1 なぜグリップ交換をする必要があるのか?

replace-golfgrips-01

一度ゴルフクラブを買ったら、そのまま長期間使えるでしょ?と思うゴルフ初心者の方は多いかと思います。

しかし車のタイヤ交換が必要であるように、同じゴム製であるゴルフグリップもある程度の期間使用したら交換する必要があるのです。

グリップ部分は、自身の身体が触れる唯一の部分。

グローブとの摩擦や手汗、脂、汚れなどはグリップを劣化させ、グリップ力が大幅に落ちて滑りやすくなると言われています。

新しいグリップにすることでスイング時の滑りが少なくなり、常にベストな状態でプレーできるのです。

またグリップにも重さや硬さなど様々な種類があります。

自分の好みやスイングに合わせてグリップを選ぶことで、これまでとは違った打感を感じられるなどの影響も期待できるほど、ゴルファーにとってのグリップは重要なものなのです。

1-2 グリップ交換の理想的なタイミングとは?

グリップメーカーは、理想的なグリップ交換のタイミングを、1年に1度、もしくは40ラウンドを目安に交換すること、と提案しています。

しかし、実際にこのような頻度でグリップ交換をしているゴルファーはかなり少ないと言えるでしょう。

個人によってクラブの使用頻度は異なりますが、2〜3年に1度の頻度でグリップ交換することが一般的と言えるかと思います。

もちろん、使用頻度によってグリップ交換の交換時期は異なります。

月に1回クラブを握るか握らないか、という使用頻度の少ないゴルファーはもうすこし頻度を下げても良いかもしれません。

また、2〜3年経たずにグリップの変化や劣化、滑りに気づいた場合は、交換時期であると言えます。

2 様々なグリップの種類と選び方

2-1 コードグリップとラバーグリップ

replace-golfgrips−02

ゴルフクラブのグリップは、大きく2種類に分かれます。

それは「コードグリップ」と「ラバーグリップ」。

この2つ以外にも、最近では樹脂やプラスチックを使用したものが多く販売されていますが、今回はもっともオーソドックスなグリップを紹介します。

それぞれ詳しく見てみましょう。

2-1-1 コードグリップ

コードグリップとは、ラバー(ゴム)に糸が練りこまれているグリップを指します。

摩擦力が高く、握るとグリップが硬く感じるのが特徴です。

水や汗に強く滑りにくいので、手汗をかきやすいゴルファーにおすすめのグリップと言えるでしょう。

一方でグリップが硬いがために、冬場などでは手が痛くなる可能性もあります。

2-1-2 ラバーグリップ

コードグリップはラバーに糸が練りこまれていますが、ラバーグリップはラバーだけで作られています。

摩擦力はコードグリップほどではありませんが、しっとりと吸い付く感触が特徴。

握力のない方や、手が乾燥しがちのゴルファーにおすすめのグリップです。

一方で、雨などで滑りやすいというデメリットもあります。

2-2 バックライン

グリップの種類の次に見たいのが、バックラインと呼ばれるもの。

バックラインとは、グリップの裏側についている、縦に出っ張ったラインのこと。

グリップにはこのバックラインが付いているものと、付いていないものがあります。

バックライン有は、グリップふがティアドロップ型のようにみえるのが特徴で、指を出っ張り部分に引っ掛けるようなイメージで握ります。

このバックラインがあることで、常にターゲットに対してフェース面を一定に保つことができます。

一方でバックライン無しは、出っ張りなどはない丸い形状。

状況に応じてフェースを変えたり、打ち分けたいゴルファーにはバックライン無しを選ぶことをおすすめします。

このバックラインは、クラブの番手によって有無を選ぶゴルファーも。

例えば、フェースを固定して飛ばしたいドライバーは、バックライン有りを選ぶ。

一方で、打ち分けたいアイアンやウェッジはバックライン無しを選ぶ、など自分なりにカスタマイズするのもありですね!

2-3 グリップの太さ

ゴルフ初心者の方は知らない方も多いかと思いますが、実はグリップにもサイズがあるのです。

販売されているグリップをみると「M58」や「M60」などと表記されています。その数字がグリップのサイズです。

このサイズはグリップの口径を表しており、「M58」「M60」「M62」の3サイズ存在しています。サイズは数字が大きくなるごとに薄肉になり、グリップが細くなります。

その中でも一般的なサイズが「M60」。

このグリップの太さで何が変わるのかと言うと、実は飛距離と球筋。

「M58」は肉厚でサイズの中で一番肉厚で太いタイプ。

太いグリップは、ボールの方向性が安定するのが特徴です。中でも、フックや引っ掛けに悩んでいるゴルファーにおすすめの太さです。

「M62」は一番肉薄で、細いグリップ。

グリップが細いと、リストターンしやすくボールを捕まえやすくなるので、飛距離を狙いたい方におすすめです。

2-4 グリップの重さ

replace-golfgrips-03

グリップにサイズがあることも驚きの方もいらっしゃるかと思いますが、実はグリップには重量の種類もあります。

グリップの重量に応じて、クラブの先端のフィーリングが変わってきます。

重さの種類は幅広く、軽いもので20gから重いもので80gのものまであるそう。

しかし一般的に標準と言われているのが、ラバータイプで52.5g、コードタイプで50.5gとのこと。

上記を標準としてそれよりも重くすると、スイング時のヘッドが軽く感じ、グリップを軽くするとヘッドが重く感じるのです。

従来使用していたグリップの重量から、大幅に重さを変えるとクラブやスイングのバランスにも影響が出る可能性があります。

そのためグリップの重さを変える場合は、細かく重さを確認することが必要です。

まとめ

今回はグリップ交換の必要性と、グリップの種類についてご紹介しました。

グリップにこれだけの種類があると思わなかった方もいらっしゃるかと思います。

ゴルフクラブ同様に、グリップも個人によって合う、合わないは様々です。

とにかく自分に合うグリップを見つけるには、自分のスイング特性や癖をしっかり理解しておく必要があります。

自分のスイングを理解して、ぜひ自分に合ったグリップを見つけましょう!