ゴルフバッグの送り方とは?宅配便を使ってラクにラウンドしよう! | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフバッグの送り方とは?宅配便を使ってラクにラウンドしよう!

ゴルフって、荷物が多くて車でなければ行くだけで疲れる…なんて思う方、結構多いのではないでしょうか?さらにゴルフ初心者の方は特にゴルフバッグを配送したいけど、どうやって送ったらいいかわからない、プレー日にちゃんと届くか心配…という方もいらっしゃるかと思います。

今回は、ゴルフバッグを配送するために宅急便を使用する際に気をつけるべきポイントや、持っておくと便利なアイテムを詳しくご紹介します。さらに、配送会社によって異なるサービスもわかりやすく比較していきます!

1 ゴルフバッグをゴルフ場まで配送してくれる業者は?

日本国内でゴルフバッグ及びキャディバッグを配送してくれる業者は下記の3つです。

・日本郵便株式会社(ゴルフゆうパック)

URL: https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/golf/index.html

・ヤマト運輸株式会社(ゴルフ宅急便)

URL: http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/golf/

・佐川急便株式会社(飛脚ゴルフ便)

URL: https://www.sagawa-exp.co.jp/service/golf/

1-1 普通の宅配便とは何が違うの?

golfbag-deliveryservice-01

ゴルフ初心者の方は特に、ゴルフ宅配便と普通の宅配便は何が違うの?と思う方が多いかと思います。

もちろん見た目としては、大きさや重さに関しては普段宅配するものよりも全く違いますよね。しかし実は、通常の宅配便とは下記のような違いが存在するのです。

例えば、ゆうパックの場合。ゴルフ用具やバッグについては120サイズ(3辺計120cmかつ30kg以内)までは通常のゆうパックと同じ扱いですが、120サイズを超えると別途料金となり、近距離の場合は比較的安価ですが、遠方に送る際は高価になる傾向にあります。そのため、キャディバッグを送るには別途料金となります。

一方ヤマト運輸のゴルフ宅急便の場合は、ゴルフバッグ(ボストンバッグ)とキャディバッグについて100サイズ(3辺100cm、10kg以下)までは通常宅急便扱い。120〜160サイズの場合は120サイズの料金が適用されます。

佐川急便の飛脚ゴルフ便の場合も同様で、ゴルフ用具と旅行カバンは140サイズ(3辺140cm、20kg以下)までは通常の飛脚宅急便と同じです。しかし、140サイズ(重さは30kgまで)を超える場合は140サイズの運賃が適用されます。

このように、それぞれサイズによって別途料金がかかる場合がほとんでであることがわかりますね。

1-1 コンビニからでも発送できる?

業者や店舗によって異なりますが、コンビニから発送できる場合もあります。最近は、多くのコンビニがこういったサービスを提供していますね。

仕事や都合上、直接営業所に持っていく時間がなかったり、営業時間中に集荷依頼ができなかったりする方も多くいらっしゃいます。そんな時は24時間受け付けてくれるコンビニの配送サービスはありがたいものです。

コンビニでの配送を受け付けている業者は下記となります。ただし、コンビニの種類や店舗によっては取り扱いのない場合もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

golfbag-deliveryservice-05

2 ゴルフバッグを宅急便で送る際に気をつけるべきポイントとは?

2-1 最低プレー日の前日には届いているように発送しよう

golfbag-deliveryservice-02

ゴルフバッグやキャディバッグを送る際に一番気をつけたいのが、プレー日の確認。

大丈夫だろうと思って、いざ手ぶらでゴルフ場に行ってみたらゴルフバッグが届いていない、となると気分も下がりますし、そもそもゴルフになりませんよね。そうならない為にも、余裕をもって発送することを心がけましょう。

遅くても2日前までに発送。一部地域は3日前です。

コンビニ発送の場合は遅い時間に行くと、最終集荷(出荷締め)の時間を迎えている場合も。その場合は次の日の発送となってしまいます。

さらに、天災や事故などによる渋滞などでお届けが遅れる可能性もあるので、しっかりと日数に余裕をもって発送しましょう!

2-2 ゴルフ場の住所を間違えないようにしよう

プレー日のミスの次に間違え安いのが、ゴルフ場の住所や名前の間違え。

地域によっては、ゴルフ場が密集している場所も多くあります。さらには、名前が似てるゴルフ場もたくさんありますので、初心者の方は特に間違えることも。

プレー日のミスと同様、間違えて当日クラブが来ていない、となるとゴルフ場でクラブを借りることになります。

事前に予約者へ確認や、コンペの場合は幹事に開催ゴルフ場の名前や住所を確認しておきましょう。不安な場合はゴルフ場のURLを共有してもらうと安心ですね。

 

2-4 配送したクラブが破損してしまっていたら?

もしゴルフ場へ配送したクラブが折れていたり、破損してしまった場合は、「自らが使う前にすでに破損していた(配送時に破損した)」という証明が必要となります。

キャディがいる場合はすみやかにキャディに申告しましょう。キャディさんがマスター室へ報告してくれるでしょう。キャディがいない場合は、自らマスター室に申告しに行きましょう。

その後の対応はゴルフ場によって異なります。

いずれにせよラウンド中に気づくと遅い場合もありますので、ラウンド前にすべてのクラブが無事であるか確認しておくことをおすすめします。

さらには配送する際のクラブの状態確認と、しっかりとカバーをかけることも大事ですね。こういったトラブルは、起こらないように予防することも大切です。

3 ゴルフバッグを宅急便で送る際にあると便利なもの

3-1 トラベルカバー

宅急便で送る際に必要なアイテムとして「トラベルカバー」があげられます。

トラベルカバーはキャディバッグをすっぽり覆い、傷や汚れから守ってくれるアイテム。クラブやキャディバッグは高価なものが多いため、郵送の際にはカバーをかけ必要があります。

カバーがない場合は、運送会社によっては専用のカバーを購入しなければならない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。このトラベルカバーは、郵送だけでなく飛行機で預ける際にも必要ですので一枚持っておくと良いでしょう。

トラベルカバーを選ぶ際のポイントは「配送伝票入れのポケット」があること。このポケットがあれば、わざわざ毎回配送伝票をカバーに直接貼る手間が省けます。

さらに、収納ポケットがあるトラベルカバーを選べば、キャディバッグだけでなくシューズやウェア、ボールなども一緒に送ることも可能です。すべて送ってしまえば手ぶらでゴルフ、なんてことも可能ですね!

3-2 アイアンカバー

golfbag-deliveryservice-03

配送する際にはアイアンにもカバーをつけることをおすすめします。普段ウッドやパターなどにはヘッドカバーをつけている方は多いかと思いますが、アイアンにカバーをつけている方は結構多くありません。

先ほども述べたように、配送時の破損や傷を防ぐためにもアイアンカバーをつけると安心です。

一本ずつカバーするタイプのものと、まとめて全体をカバーしてくれるタイプのアイアンカバーもあります。面倒な場合は全体にカバーできるタイプのものをおすすめします。

さらにキャディバッグ内で極力クラブが動かないようにするために、タオルなどでキャディバッグ内の隙間を埋めることも外からの衝撃を抑える役割をしてくれますので、特に心配な方にはおすすめです。

4 往復発送や持ち込みでお得にゴルフバッグを配送しよう

ラウンドするのにもお金がかかるので、少しでも費用を抑えて配送することも重要ですよね。配送業者によっては、往復での発送で運賃を抑えることが可能です。さらには、営業所やコンビニへの持ち込みでの割引でさらにお得に配送することができます。

このような割引をつかって賢く配送しましょう。

golfbag-deliveryservice-06

5 ゴルフ場での受け取り方は?

golfbag-deliveryservice-04

ゴルフ場での受け取りは、基本的にはフロントでの対応となります。

発送時に受け取った送り状の控えをフロントで提示しましょう。

キャディバッグに関しては、発送者とネームプレートが同一であればゴルフ場側がカートに積んでくれていますので、ラウンド前に自分のキャディバッグかどうかだけ確認しておけば大丈夫です。不安な場合は送り状に「スタート時間」も書いておくと安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゴルフのラウンドは荷物も多く、そして重いため、車で行くならまだしも電車で行く場合は行くだけで労力がかかります。しかし、宅急便を使用すれば行きも帰りもラクになり、思う存分ラウンドを楽しむことができますね。さらにラウンド後に何か予定がある場合も安心です。

配送業者によっては割引などのサービスもあるので、詳しくは各配送会社のHPを確認することをおすすめします。

次回のラウンドはぜひ、賢く宅急便を使ってラクしてラウンドを楽しみましょう!