ゴルフの飛距離UPには「リストターン」が大事?ポイントも踏まえてご紹介 | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフの飛距離UPには「リストターン」が大事?ポイントも踏まえてご紹介

 初心者ゴルファーの方は特に、ミートポイントはここらへんかな…というイメージだけで結果スライスばかりだったり、インパクトが薄かったりで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

なんとなく振っていると、たまにしっかりミートしてくれてかなり飛んだ!でも、なんで毎回同じように打てないの?

そんな悩めるゴルファーの方に、ゴルフにおける正しい「リストターン」を身につける方法をご紹介します。

スイングを正しく覚えれば、「今度はしっかり当たって!」なんてお祈りしながらショットする必要はありません!

1 リストターンとは?

golf-wrist-turn-01

そもそも「リストターン」とは、スイング時の動きのこと。

クラブヘッドがボールに当たるインパクトの直前に、クラブを握る利き手と反対側の上方の手首(リスト)を返す動きがあるかと思います。それを「リストターン」と呼びます。

実は、どんなにゴルフ初心者の方でもスイングする際に自然にやっている動作かと思います。

しかし、このリストターンは飛距離をより伸ばすためには必要なスキルなのです。

1-2 リストターンはなぜ必要?

プロやゴルフがうまい人は、毎回リズムよく安定したショットをしていますよね?

それは、毎回同じタイミングで正しいリストターンができているから、とも言われています。

手首が正しい位置で返ることで、ボールに当たる瞬間のヘッドスピードが加速したり、ボールをフェイスでしっかり掴んでスライスせずに飛距離を出すことができるのです。

さらにゴルフクラブのそもそもの構造上、きちんと手で支えなければクラブのフェイスは自然に開くようにできています。これを意識せずにスイングすれば、フェイスが開いたままインパクトを迎えてしまうのは当たり前ですよね。

そういった意味でもリストターンが重要となるのです。

しかしアプローチショットなどの距離よりも方向重視のショットの際には、リストターンは不要と言われ、逆に手首を固定して打つべき場面もあります。

2 リストターンで意識すべきポイントとは?

実際「手首を返すこと」だけに意識しすぎると、かえってボールをコントロールしづらくなったり、手首を痛める可能性もあります。

そのためリストターンで意識すべきポイントは、ボールを打つ瞬間にクラブの上方の手(通常であれば右手、レフティであれば左手)の小指にグッと力を込めることを意識してみください。

そうすることで、意識せずともしっかりとリストターンできるでしょう。

また「リストターン」をすればいいショットが出るわけではなく、しっかりと下半身を動かすよう意識しましょう。

下半身をしっかり使ってスイングすることで、トップで「タメ」ができて、しっかりとしたリストターンができるようになります。

3 おすすめの練習法

golf-wrist-turn-02

リストターンで意識すべきポイントを押さえた上で、ひたすら練習を繰り返すことがなによりも重要です。

・インパクト直前に右手小指(レフティの場合は左手小指)にグッと力を入れる

・下半身をしっかり使ってスイングする

これらを繰り返し意識しながらスイングすることで、自分にあったリストターンのタイミングが身につき、それによるインパクトまでが自然に行われるようになります。

自分にあったリストターンのタイミングでさらに練習を重ねれば、おのずとヘッドスピードも上がり、飛距離アップも狙えるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

リストターンは、飛距離を出したい際のスイングではとても大切な動きです。

しかし「リストターン」が大事だからと言って、手首の返しのみを意識するよりかは、手首に近い部分や下半身を意識してうまくコントロールした方がやりやすいと思うゴルファーが多いかと思います。

もちろん、手首の返しをしっかり意識したほうがうまく行く方もいらっしゃるかもしれません。

ご自身に合う方法で正しい「リストターン」ができれば、それが一番ですので、是非とも自分にあった方法で飛距離を伸ばしていきましょう!