寒さも味方に!冬ゴルフの攻略法とは? | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

寒さも味方に!冬ゴルフの攻略法とは?

冬のゴルフって、寒すぎて手の感覚はなくなるし、良いスコアも出せる気がしないしあんまり楽しめない…なんてゴルファーの方は多いのでは?中には、寒くなったらゴルフはしない!なんて方も...。

そんな冬のゴルフでもメリットはあるのです。

今回は寒い冬ゴルフのメリットとデメリット、そして少しでもスコアメイクできるように意識したいポイントをわかりやすくご紹介します。

1 冬ゴルフのデメリット

1-1 グリーンが凍る

golf-winter-01

冬ゴルフのデメリットとしてまず上げられるのが、グリーンが凍っている可能性があるということ。

そもそも冬場のグリーンは、夏に比べて硬くて速いことが多いという特徴があります。

それに加えて、朝早いラウンドではグリーンが完全に凍っている状態であることも多いのです。

そうするとよりグリーンは硬く、そして速くなるため、それを加味した上でパッティングをしなければなりません。

打ち下ろしのグリーンの場合は、グリーンを直接狙うと大きくバウンドしてOBになってしまう可能性もあるのです。

冬のアプローチは、攻めすぎずに転がしてグリーンに乗せるイメージで行うことをおすすめします。

さらに凍っているのはグリーンだけでなく、ティーイングエリアでも同様。

地面が凍っているとティーが刺せないこともしばしば。そんな時は地面に刺す必要のない置くタイプのティーもあるので、状況に応じて使い分けると良いでしょう。

1-2 飛距離の低下

冬ゴルフのメリットとしてグリーンが凍るのと同様に懸念されるのが、飛距離の低下。

ボールが冷え切って硬くなっていることや、気温が低下するにつれて空気密度が上昇、空気抵抗が増大することがおもな原因と言われています。

それが原因で冬場は飛距離のダウンが著しく、ときには1クラブ以上の飛距離が落ちることもあるほどです。

それに加えて風が強かったり、湿度の状況、日陰の有無などによっても飛距離が著しく変わる可能性があるため、ある程度それを加味した上でクラブを選ぶ必要があります。

さらにボールが地面に着地した後のランでも、地面の状態がぐちゃぐちゃに柔らかい場合や逆に凍って硬い場合もあります。

もちろん地面が柔らかければランはあまり期待できないですし、地面が硬ければ逆にランもきたいできるので、それらも考慮していく必要があるのです。

これらはゴルフ初心者にとっては難しく聞こえるかと思いますが、スキルアップのためにはとても重要なポイントです。

1-3 積雪によってゴルフ場がクローズになる可能性も

冬のゴルフは、地域によっては積雪の恐れがあるゴルフ場も。

雨であれば通常はラウンド可能ですが、雪が積もってしまうとゴルフ場自体がクローズする可能性があります。

クローズになってしまった場合、それを知らずにゴルフ場に行ってもラウンドはできません。

予約をした場合は、しっかりと天気予報を確認した上で密にゴルフ場と連絡を取ることをお勧めします。

もしくはゴルフ場を選ぶ時点で雪が積もりにくいエリアを選ぶのも一つの手段と言えるでしょう。

2 冬ゴルフのメリット

2-1 プレーフィが比較的安い・予約が取りやすい

golf-winter-02

まず最初のメリットとして上げられるのが、プレーフィの安さと予約の取りやすさ。

春や秋のハイシーズンは、プレーしやすい快適な気候ではありますが、その反面プレーフィが高く、且つ予約も取りにくい点があります。

しかし冬のシーズンは寒さはあるものの1年を通してもっともプレーフィが安く、予約が取りやすいのが特徴です。

ハイシーズンである春や秋に比べて、比較的リースナブルにラウンドできるゴルフ場は数多くあります。

プレーフィが少しでも安くなる分、いつもよりゴルフに行ける回数が増やせるのでスキルアップも狙えそうですよね。

さらに普段は高くてなかなか手が出せない名門ゴルフコースやトーナメントなどで使用されるゴルフ場も、冬のシーズンであればハイシーズンよりも安く、そして予約も取りやすくなるでしょう。

2-2 初心者ゴルファーに対するプレッシャーが少なめ?

冬のゴルフはプレーフィが比較的安く予約も取りやすいとご紹介しました。

それによって初心者ゴルファーにとっても嬉しいメリットが。

よく初心者ゴルファーが気にしがちなのが、後ろの組からの無言のプレッシャー。

たとえ直接言われなくとも、「前の組遅いな〜」なんて思われているかもしれないと感じてしまうと、余計焦ってミスショットを引き起こしがちになる方も多いのでは?

冬ゴルフではそんな心配も軽減するのではないでしょうか。

春や秋などのハイシーズンに比べて冬のシーズンは全体的にプレーする組数が少ないため、後ろの組からのプレッシャーを感じることなくラウンドすることが可能なのです。

こういったラウンドでこそ、自分のスイングやルールなどを確認しながら覚えていく良い機会。

かといって、のんびりしすぎるとすぐに日が暮れてしまいます!ある程度のプレーファストは心がけて楽しみましょう。

2-3 難しいからこそスキルアップが狙える

golf-winter-03

冬ゴルフのデメリットとして、グリーンが凍ってしまったり飛距離が低下してしまう、とご紹介しました。

しかしそんな難しい環境の下ラウンドするということは、逆に言えばスキルアップのチャンスと言えるでしょう。

冬のラウンドは、ハイシーズンのラウンドに比べてキャリーとランの計算を加味しなければならなかったり、アプローチが難しくなるといわれています。

芝の状態と自分のクラブに対する飛距離とを相談しながら攻略していくことで、冬場のゴルフだけでなくハイシーズンでのラウンドや様々な状況にも対応できるようなコースマネジメント力がつくでしょう。

3 冬ゴルフでもスコアを崩さないようにするには?

3-1 薄くて動きやすい、そして暖かいウェア

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Clunk official(@clunk.official)がシェアした投稿 -


冬ゴルフでまず揃えたいのが、暖かくて動きやすいゴルフウェア、そして防寒小物。

体が冷え切った状態だと、スイングにも影響が出るどころか怪我の原因にもつながります。

しかし厚着をすればいいかと言えばそれもスイングスピードに影響を及ぼし、飛距離低下の原因になります。

なるべく薄めのウェアで、しっかりと防寒できるゴルフウェアを選ぶようにしましょう。

中でもお勧めなのが、汗を吸収して熱に変えてくれる「発熱性」のあるインナーや、防風機能がついている機能インナー。

機能インナーは生地は薄めながらもしっかりと体の熱を逃さず、且つストレッチが効いたものが多いのが特徴です。

アウターであれば、スイングの邪魔にならない袖なしのダウンベストもおすすめ。

寒い時は長袖にもできるような、袖の着脱可能なアウターも数多くあります。

それに加えてニット帽やイヤーマフ、女性であればレッグウォーマーなど体の末端を冷やさないように意識しましょう。

3-2 プレー前、プレー中もストレッチは必須!可動域を広げよう

冬場のラウンドは体が硬くなりがちです。さらに朝一であれば余計に体は冷えた状態でかたまった状態と言えるでしょう。

体が冷え切ってしまうと、それにともなって可動域も低下します。

可動域の低下はケガにもつながりますので必ず意識しなければならないポイント。

まず代謝を上げるためにもしっかりと朝食をとること。そしてプレー前やプレー中、後半が始まる前などストレッチやウォーミングアップを必ず行うことを心がけましょう。

ラウンド中はカートに乗らずに歩くのも一つの手段です。

またショット前には肩甲骨を意識してストレッチ、素振りを行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬のゴルフは寒くて、飛距離も下がるからデメリットしかない!なんて思う方は正直多いかと思います。

しかし、予約の取りやすさやスキルアップが狙えたりといったメリットもあることが少しでもお分りいただけたのではないでしょうか?

それに加えて、冬のゴルフ場は空気も澄んでいて、夏のコースとはまた違った風景を見せてくれるのも醍醐味の一つであると言えるでしょう。

まだ冬にラウンドしたことがない、なんて方はこの機会にぜひ冬ゴルフに行ってみてください!