ゴルフのショットの方向性が安定しない?スパットを見つけてみよう | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフのショットの方向性が安定しない?スパットを見つけてみよう

スパットとはアドレスを取るための基準となる目印のこと。ターゲットライン上に自然に落ちている葉っぱなどをスパットとして設定することで正しいアドレスの方向と、正しい方向へのショットの可能性を上げてくれるんです。

 

 

 

ゴルフスイングにおいてボールやターゲットに対してしっかりと平行に構えることは、ショットの方向性だけでなくスコアにも大きな影響を及ぼします。

以前、構えたときの体の向きをターゲットに合わせる「アライメント」についてご紹介しました。

しかしその正しいアライメントを取り入れるためには、「スパット」を見つけることが必要です。

本記事では、そもそもスパットとは一体何かをご紹介していきます。

1 スパットとは?

golf-spat-01

スパットとはアドレスを取るための基準となる目印のことを指します。

冒頭でもお話ししたように、アライメントはショットの方向性にとても大きい影響を与えます。

しかしながら初心者ゴルファーだけでなく多くのゴルファーにとって、ターゲットに対して正しい方向を向くことが難しく自然とターゲットよりも右寄りに構えてしまうことが多いのです。

そのためまっすぐ構えていたと思っていても、右方向にボールが飛んでいってしまうことが多くあります。

そんな時にスパットを見つけてそれとボールを結ぶラインと平行にアドレスを取ることで、正確にターゲットに対して構えることができるのです。

2 スパットを見つけるコツ

golf-spat-02

2-1 ボールの真後ろに立って見つけよう

正しいスパットの見つけ方は、まずはボールの真後ろに立って飛球線をイメージすることから。

よくプロゴルファーがアドレスを取る前に一度ボールの後方からターゲットを確認しているのをみますよね?

これをすることでしっかりと構えるべき方向、ボールが飛ぶ方向をイメージすることができます。

基本的にはボールから3〜4歩下がった位置から確認するのがおすすめ。

それ以上ボールに近づきすぎるとラインがブレる可能性があるので注意が必要です。

2-2 スパットは2個見つけるのがおすすめ

ボールの後方からターゲットラインをイメージできたら、次はいよいよスパットを設定します。

基本的にスパットは目印になるものであれば何でもOK。

できればボールの前後30〜50cm前後に2つのスパットをみつけると、よりアドレスがとりやすくなるでしょう。

スパットはフェアウェイ上のディポットや、たまたま落ちている石や葉っぱの欠片でも良いです。

何よりもターゲットとスパット、そしてボールが一直線であることが重要です。

見つけやすくアドレスの間に風の影響で飛ばないようなものであると良いでしょう。

ここで注意したいのが、スパットとして設定するものが「もともとそこにあった自然物」でなければならないこと。

例えば正しいアドレスのためにクラブを置いたり、葉っぱをわざわざ移動して置いたりするとストローク前に取り除かない限り2打罰のペナルティになるため注意が必要です。

2-3 クラブで一直線になっているか確認しよう

良さそうなスパットを見つけられたらゴルフクラブを立ててボールとスパット、そしてターゲットラインに重ねてみましょう。

せっかくスパットを探してもしっかりとターゲットに合っていないと、ショットしても間違った方向に飛んでいってしまいます。

そうならないためにも、スパットとターゲットをゴルフクラブを立てて照準を合わせることで直線であるかを確認しましょう。

これらの一連のスパットの見つけ方は、パッティングラインを決める際にも活用できます。

グリーンはディポットや葉っぱなどはないかもしれませんが、その代わり色が違う場所だったり小さな穴などをスパットとして設定するとわかりやすいですね。

まとめ

今回は、ショットの方向性の正確さをアップするスパットについてご紹介しました。

スパットの見つけ方は簡単なので、ゴルフ初心者の方でもやりやすいのではないでしょうか。

しかし、スパットを見つけるのに時間をかけすぎたりするとスロープレーの原因となるので、素早く設定してアドレスに入るようにしましょう。

そのためには常に打ちっ放しでもスパットを見つける癖をつけておくことがおすすめです。

スパットを設定してしっかりとボールを飛ばすことができれば、スコアアップにも繋がる可能性大です!