ゴルフの暫定球って?詳しく解説! | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフの暫定球って?詳しく解説!

golf-provisionalball-rule-01

 

みなさんは「暫定球」をご存知でしょうか?

おそらくゴルフを始めたばかりや、これから始めようとしている方は「聞いたことはあるけど中々ピンとこない…」ということも多いのではないでしょうか。

今回はゴルフの「暫定球」のそもそもの意味やルールについて、わかりやすくご説明します。

1 「暫定球」とは?

ティーショットや通常のショットで「ボールが紛失したかも…」「OBしたかも…?」という状況があるかと思います。

暫定球(プロヴィジョナルボール)とは、

「プレーヤーの球がペナルティーエリア以外の場所で紛失したり、白杭が目印のエリアであるOB(アウトオブバウンズ)に入ってしまった場合、ゴルフ規則に基づき暫定球を宣言することで念のため同じ場所からもう一度打てる」

というルールのことです。

1-1 暫定球をする理由とは

暫定球をする大きな理由は、まさに「プレー時間の短縮」です。

ボールを紛失しかもしれない、OBしたかもしれない、という状態でボールを追いかけ、結果的にボールがなかった場合、ショットした場所に戻って再度プレーすることとなります。

そうした場合、ボールを探す時間や移動する時間でかなりの時間と労力がかかりますよね。これがスロープレーとプレー進行の妨げになります。

そうならないために、あらかじめ暫定球を打っておくことで、先に打った球が万が一見つからなくても時間や労力をかけずに、スムーズなプレー進行が期待できるのです。

2 暫定球を打つ際のルール

golf-provisionalball-rule-02

では、暫定球を打つ際にはどのようなルールがあるのでしょうか?詳しく説明します。

2-1 暫定球を宣言しましょう

暫定球を打つ際には、同伴プレーヤーに「暫定球打ちます」と宣言してから打ちましょう。

また最初のボールとの区別がつくよう、宣言する際に、ボールのブランドと番号も一緒に宣言しましょう。

暫定球を打つのに宣言を怠ると、仮に最初のボールがOBでなかった場合でも紛失球扱いになり1打罰となります。

2-2 ティーイングエリアでの暫定球は一番最後に

golf-provisionalball-rule-03

ティーショットでの暫定球は、他のプレーヤーが全員打ち終わってから打ちましょう。もちろん、暫定球の宣言は忘れずに行いましょう。

また多くのゴルフ場では、プレーイング4と呼ばれる前方の黄色い特設ティーが設置されています。

これはOBをしてしまった際に、その特設ティーを使用し4打目からプレーできる、というローカルルールです。

暫定球での打ち直しは3打目からになるので打ち直してもいいのですが、ゴルフ場によっては禁止している場合もあるので随時確認しましょう。

3 暫定球を破棄しなければならないケース

3-1 先に打ったボールがペナルティエリア以外で見つかった

golf-provisionalball-rule-04

元のボールが、捜索時間3分以内にペナルティエリア以外の場所で見つかった場合はプレーヤーは暫定球を破棄し、元のボールでプレーしなければなりません。

もし暫定球が元のボールよりもいい位置にあったとしても、暫定球は破棄しなければなりません。

逆に、3分以内に見つからなかった場合はそのまま暫定球でプレーしましょう。

※2019年〜ゴルフ規則改正により、ボールの捜索時間が5分間から3分間に変更されました。

3-2 先に打ったボールがペナルティエリアで見つかった

元のボールが、ペナルティエリアにあることが見つかった、もしくはあることがわかっている場合は、プレーヤーは暫定球を破棄し、元のボールをあるがままにプレーしなければなりません。

もしくは、1打罰でハザードの区域を最後に横切った地点とグリーン上のピンを結んだ後方線上にドロップしてプレーしなければなりません。

4 様々なケーススタディ

4-1 暫定球もOBの可能性があり、もう一度暫定球を打った後、元のボールが見つかった場合

この場合、2つの暫定球は破棄し、元のボールでプレーを再開します。ペナルティや罰は科せれません。

ちなみに、元のボールと1度目の暫定球どちらも見つからない時は、2度目の暫定球でのプレーとなり、ティーショット時だと5打目でのスタートとなります。

4-2 拾い上げたボールが自分のボールではなかった場合

golf-provisionalball-rule-05

最初に打ったボールを見つけて暫定球を拾い上げたと思ったら自分のボールではなかった、というトラブルも。

その場合は、自分以外のボールを動かしてしまったことによるペナルティが科せられられ、1打罰でのプレーとなります。

しっかり自分のボールのブランド、ナンバーは事前に確認しておきましょう。

5 暫定球は打っておいたほうがいい?!

暫定球を宣言すると、元のボールは探さずにすぐに暫定球でプレーすることができます。

プレーヤーは暫定球の宣言によって、紛失したボールを探す義務がなくなるからです。

ボールが見つかってもライがひどく不利なエリアではないか…という時には、わざわざ探しに行くという選択をせずに暫定球でのプレーを選択する、ということもあります。

ただし、同伴プレーヤーやキャディがボールを見つけた場合は元のボールでのプレー続行となるので、十分気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

暫定球は、よりプレーの進行をスムーズにするためだけでなく、プレーヤーが労力をかけずにプレーできるルールです。

OBやボールの紛失はすこし焦ったり、多少落ち込むこともあるかもしれませんが、しっかり落ち着いて暫定球を使い、切り替えて楽しくスムーズなゴルフをしましょう!