ゴルフコンペを盛り上げる!ニアピンの基本ルールをわかりやすく解説! | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフコンペを盛り上げる!ニアピンの基本ルールをわかりやすく解説!

会社のゴルフコンペでよく見かけるのが、「ニアピン」と呼ばれるゲーム形式です。

ゴルフのルールについて詳しく知らなくても、「ニアピン」という言葉はなんとなく耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

このゲーム形式で最も良い成績を残したプレーヤーには、「ニアピン賞」と称して金一封やちょっとした景品などが贈られることもあります。

そんなコンペを盛り上げてくれるニアピンですが、ルールブックに記載されている訳でもないので、ゲームのやり方などについては意外と知られていないことも多いようです。

本日は、コンペのボルテージを高めてくれる「ニアピン」の基本的なルールを中心にご紹介いたします。

1 そもそもニアピンとは?

golf-nearpin-01

「ニアピン」とは「Nearest Pin(ニヤレスト・ピン)」の頭文字をとったもので、ゴルフコンペなどでよく用いられるゲーム形式の1つ。

特定のホールのティーショットで、どれだけピン(カップ)に最も近づけられるかを競います。最もピンに近かった人には、「ニアピン賞」というものが贈られることが一般的です。

通常のラウンドだとやや単調なゲームになってしまいがちですが、ニアピンを取り入れることで適度にメリハリをつけることができます。

あらかじめ優勝者には景品が贈られるという旨を伝えておけば、盛り上がること間違いなし。プレーヤー全員のモチベーションを大幅にアップさせ、自然とスコアアップを狙うことができるでしょう。

2 ニアピンゲームの基本的な進め方

golf-nearpin-02

ニアピンは公式ルールブックに掲載されているわけではないため、ルールは基本的に自由です。

以下では一般的なニアピンゲームの進め方について簡単にご紹介いたします。

2-1 任意のショートホールを2つを選んでニアピンにする

まずは、18ホールのうちのショートホール(パー3)の中から任意のホールを2つ選び、ニアピンのホールとして指定しておきます。

これは主催者側が決めることなので、参加者の方は特に何もしなくても問題ありません。

参加者の方は最低限、どこのホールがニアピンのホールなのかということだけ確認しておくだけOKです。

2-2 ニアピンのホールではティーショットが肝に

途中までは、通常のラウンドと何ら変わりはありません。

重要なのはニアピンのホールに訪れた時の気持ちの切り替えです。ニアピンのホールでは、基本的にティーショット(ホールのスタート地点から打つ最初の1打)が最も重要になります。

ニアピン賞を獲得するためには、このティーショットでどれだけカップ付近まで寄せることができるかがポイントです。

自分のできる限りの素晴らしいティーショットを決めましょう。

2-3 ティーショットの落ちた場所にはフラッグを立てておく

ニアピンのホールでティーショットを打った後は自分のボールの落ちた場所に、目印となるフラッグを立てておきます。

このフラッグは主催者側であらかじめ用意しておく必要しておいた方が良いでしょう。

後続のプレーヤーは、この先頭打者のフラッグよりも内側になるようなティーショットを打たなければ、ニアピン賞を獲得することはできません。

これを繰り返して最終的に最もカップに近かったフラッグのプレーヤーが、ニアピン賞となります。

3 参加者のボルテージを高める方法

前述したニアピンのルールは、あくまで一般的なものに過ぎません。

ゴルフコンペのボルテージを最高潮にするために、以下のような工夫をしてみるのも良いでしょう。

3-1 ルールを工夫してメリハリをつける

ニアピンにはこれといって決められたルールもありません。ですのでルール自体に工夫を施すのも1つの手です。

ベテランが多い場合、最初のティーショットが決まっても最終的に「パー以下」のスコアでホールアウトしなければニアピン賞をもらえない「パー縛り」というルールを設けるのも良いかもしれません。

他にもティーショットをグリーンに乗せなければならない「ワンオン」のルールや、ティーショットではなく2打目でどれだけカップに近づけるかを競う「セカンド・ニアピン」なんかも白熱しそうです。

オリジナルのルールを設定して、参加者のボルテージを高めましょう。

3-2 ちょっと豪華な景品を用意する

golf-nearpin-03

コンペでニアピンを取り入れるなら、やはり優勝者への景品は用意しておきたいところ。

もちろん景品は絶対なければならないものではありませんが、これがあると無いとではプレーヤーのモチベーションがかなり変わってきます。

電化製品や食べ物などちょっと豪華な景品を用意して、参加者の士気を高めましょう。

豪華景品をゲットしたい!というインセンティブによって、通常よりも良いスコアを叩き出す方も出てくるかもしれませんね!

まとめ

今回は、ゴルフのゲーム方式の1つである「ニアピン」についてご紹介しました。

コンペなどで取り入れれば、白熱したラウンドを楽しめること間違いなし!ちょっとした景品なんかも用意して、参加者全員のモチベーションを高めましょう。

もちろん、ニアピンを設定するかどうかは主催者側の自由です。

またゴルフの公式ルールブックにはニアピンに関する記載は特にありませんので、オリジナルのルールを考案してみるのも良いかもしれません。

今後コンペに参加する予定のある方は、ぜひニアピン賞を目指してスイングテクニックの練習に励んでいきましょう。