今更聞けない!ゴルフのグリーン上でのマナーやルールとは? | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

今更聞けない!ゴルフのグリーン上でのマナーやルールとは?

「グリーン」といえば、たとえ初心者の方であっても一度は耳にしたことのあるゴルフ用語の1つではないでしょうか?

実はグリーンはコースの中でも、ホールのカップインを決めるとても重要な場所。

ゴルファー達にとっても神聖なゾーンなのです。
それゆえに、グリーン上におけるマナーに関しても細かい決まりがいくつも存在します。たとえ悪気のない行為でも、グリーン上ではタブーとされてしまうことも。

本日はなかなか周囲の人に聞きづらいグリーン上のマナーについて、初心者の方にもわかりやすく解説いたします。

1.そもそもグリーンとは?

1-1.グリーンとはカップの設置された芝生区域のこと

グリーンとは、カップの設置された芝生区域のことです。

別名「パッティンググリーン」とも呼ばれ、各ホールの最後のショットを行うとても大切なエリアとなっています。

例えば、グリーン上の芝生が荒れていたり凸凹していたりすると、パッティングの際にプレーヤーの描いたボールの軌道を阻害してしまい、プレーに大きな影響を与える可能性があるのです。

そのためグリーンは、コースにおいて最も慎重に扱わなければならない区域といえます。
ちなみにグリーンの周囲には「カラー」と呼ばれる芝生区域が存在しますが、こちらの方がグリーンよりも芝生の背丈が長いためすぐに見分けがつくはずです。

1-2.グリーンには2つの種類がある

一見すると違いなど全くわからないかもしれませんが、実はグリーンには2つの種類があります。
一つはベント芝、そしてもう一つは姫高麗芝と呼ばれる芝生です。たかが芝生と侮ることなかれ!実は使用されている芝生によって、パッティングの精度にも大きな影響を及ぼします。
では早速、それぞれの芝生の特徴について見ていきましょう。

1-2-1.ベント芝

日本のゴルフ場のコースにあるグリーンの9割は、このベント芝と呼ばれる芝生を使用しています。
グリーン上でのパッティングにおいて、芝生の倒れる方向(芝目)を読むことはとても大切なことです。
芝目には倒れる方向によって名称が異なり、手前から向こう側へ向かうと芝目を順目、向こう側から手前側へ向かう芝目を逆目と呼び区別されています。
ベント芝の場合は芝目が出来づらいためボールも転がりやすく、パッティングへの影響が少ないという点が大きな特徴です。

1-2-2.姫高麗芝

ベント芝が圧倒的なシェアを占める一方で、一部のゴルフ場では姫高麗芝と呼ばれる芝生も使用されています。
この芝の特徴は前述したベント芝とは正反対のもの。芝目がかなり出来やすく、ベント芝に比べてボールも転がりづらいという点が大きな特徴です。
そのため姫高麗芝を使用しているゴルフ場のコースは、一般的なゴルフ場のコースよりも必然的に難易度が高めとなります。
いつもよりも難しいコースにチャレンジしたい!という方は、この芝生を使用しているゴルフ場でプレーしてみると良いでしょう。

2.グリーン上で守りたいマナー基本編

2-1.他のプレーヤーの邪魔になる位置に立たない

スポーツを行う上で他人の邪魔をしないことは当たり前ですが、ゴルフの場合は意図的に邪魔をしなくても自分の立つ位置によっては他のプレーヤーの妨げとなる可能性があります。

パットライン(※カップに入るまでの道筋のこと)の妨げになるような位置には立たず、視界に入らないような場所で待機しましょう。
特に日差しの強い日は、自分自身の影にも注意を払う必要があります。影が他のプレーヤーのパットライン上に伸びていると、パッティングがしづらくなってしまう可能性があるからです。

細かいことかもしれませんが、ゴルフのようにボールコントロールの精緻さが勝敗を決するスポーツの場合、些細なことであっても他のプレーヤーのことを考えて行動しなくてはなりません。

2-2.全員がホールアウトするまで静かに待機する

ゴルフは基本的に複数人で行動するスポーツです。

自分がいち早くカップにボールを入れてホールアウトしたとしても、同伴者全員がホールアウトするまではグリーン上もしくはその周辺で静かに待機していましょう。

また、ホールアウトした人達同士でおしゃべりを楽しみたい気持ちもわかりますが、真剣にパッティングを行なっている他のプレーヤーの迷惑となる可能性があります。

おしゃべりはほどほどにしつつ、同伴者のカップインを見守りましょう。

2-3.グリーンを傷つけないように行動する

パッティンググリーンは、他の芝生に比べてとても繊細です。そのため走ったり、飛び跳ねたりするのはNG!

特にスパイク付きシューズの場合には、あまり強く踏みしめながら歩くとスパイク跡が芝生に残ってしまう可能性があります。傷がつくと芝目がめちゃくちゃになってしまい、パッティングに大きな影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。

グリーンのコンディションは勝敗を決する重要な要素の1つです。

できる限りグリーンを傷つけないように細心の注意を払って行動しましょう!

2-4.パットラインは絶対に踏まない

ゴルフにおいて他のプレーヤーのパットラインを踏むのは御法度。

グリーンの芝目が変わって、ボールが予想通りのラインを通ってくれなくなる可能性があるからです。

これはマナーというよりルールの1つで、もし意図的にパットラインを踏んだ場合はペナルティとして2打罰がスコアに加算されてしまいます。
マッチプレーならそのホールの負けが確定する大打撃ですね。

ちなみに他のプレーヤーだけではなく、自分のパットラインを意図的に踏んだ場合も2打罰となりますので注意しましょう。

3.グリーン上で守りたいマナー ボールマーク編

ボールマークとは、グリーンの外側からグリーンオン(グリーンの上に乗せること)させた時にできる落下痕のことです。
このボールマークについても、初心者の方には必ず押さえていただきたいマナーがあります。

3-1.ボールマークは必ず直す

グリーンにつけたボールマークは必ず直して元の状態に戻しましょう。
ボールマークを放置すると、窪んだ部分が他のプレーヤーのパッティングに影響を与えてしまう可能性があるからです。
もし自分以外のプレーヤーがつけたボールマークであっても、発見次第こまめに直していくような姿勢があると非常にスマートですね!

3-2.グリーンフォークよりもディボットスティックが理想

ボールマークを直す際によく使われるのが、先端が二股に分かれている「グリーンフォーク」と呼ばれる器具です。
しかしながら、このグリーンフォークは使い方も難しい上に、芝生の回復にも時間がかかってしまうというデメリットがあります。
使いやすさと芝生へのダメージの少なさを考えるのであれば、ディボットスティックと呼ばれる器具を使いましょう。
使い方はとても簡単!ボールマーク部分にティボットスティックを突き刺して、あとは何度か抜き差しを繰り返すだけです。この動作を繰り返すことで自然とボールマーク部分の芝生が盛り上がってきます。
グリーンフォークよりも芝生へのダメージが少ないため、回復もスピーディーです。

4.グリーン上で守りたいマナー マーカー編

マーカー(ボールマーカー)とは、グリーンオンした後の自分のボールが他のプレーヤーの邪魔にならないよう、ボールの代わりとして置いておく目印のことです。
マーカーに関するマナーは、他のプレーヤーとのトラブルを避けるためにも必ず覚えておきましょう。

4-1.マーカーはボールの真後ろ5cm以内の場所に置く

ボールをグリーンオンさせたら、ボールの真後ろにマーカーをセットしてから自分のボールを拾い上げましょう。
この時、マーカーとボールの距離を2インチ(5cm)以上離してはいけません。もし意図的に5cm以上離した場合には、1打罰となってしまいますので注意しましょう。
また他のプレーヤーが見ていない間に、こっそりと場所を変更する行為も当然ながらNGです。
マーカーをセットする位置に関しては、ボールの真後ろに置くことが推奨されていますが、横においてもルール上は問題ありません。

4-2.自分と他のプレーヤーのマーカーを間違えないようにする

自分と他のプレーヤーのボールマーカーを間違えないように注意しましょう。
初心者の方の場合、自分と他の人のマーカーの見分けがつかず、うっかり他のプレーヤーのマーカーからショットを行なってしまった…なんてケースもよくあります。
しかしこれは、「誤所からのショット」として2打罰のペナルティに該当する行為です。
ちなみに誤所からショットをしてしまった後に、慌ててもう一度自分のマーカーの位置からやり直す行為もまた同様に「誤所からのショット」と見なされますので注意しましょう。
うっかり他のプレーヤーのマーカーから打ってしまった場合であってもインプレー扱いとなるため、ボールの止まった位置から再度プレーを行えば問題ありません。

5.グリーン上で守りたいマナー ピンフラッグ編

ピンフラッグとは、グリーンに設置されているカップの位置をプレーヤーが正確に把握するために用いられる旗印のことです。

キャディ(※プレーヤーのお手伝いをしてくれる人)をつけている場合には、ピンフラッグのセッティングもキャディの方が丁寧に行なってくれます。

しかし、セルフ(キャディなし)の場合にはセッティングまで自分で行う必要があるのです。キャディなしでも自分でスマートにプレーできるよう、ピンフラッグに関するマナーを押さえておきましょう。

5-1.カップに一番近い人がピンフラッグを抜く

プレーヤー全員がグリーンオンしたら、基本的にはカップに一番近い人がピンフラッグを抜きましょう。

ただし、2019年から採用された新ルール上では、ピンフラッグを抜かずに立てたままにしていてもOK。なのでまずはピンフラッグを抜くかどうかについて、他のプレーヤーと話し合って決めた方が良いでしょう。

抜くと決めた場合には、カップに一番近い人が自ら進んでピンを抜くようにしたいですね!

5-2.抜いたピンフラッグはグリーンの外に置く

抜いたピンフラッグは、グリーンの外に置くのがマナーです。
グリーンのエリアが広すぎてグリーン外まで行くのが大変な時はグリーンの中に置くことも認められていますが、なるべくカップから遠い場所を選びましょう。

またピンフラッグを置く際は芝を傷つけないよう、ゆっくりと置くことを心がけてくださいね!

5-3.最初にホールアウトした人がピンフラッグを戻す

全員がカップにボールを入れ無事ホールアウトした場合は、一番最初にホールアウトした人がピンフラッグを元に戻します。

ただしピンフラッグを戻す際は、必ず横にして持ちましょう。

ピンフラッグを縦にして持つと、後続の組のプレーヤーがホールにピンフラッグが刺さっていると勘違いしてしまい、ボールが打ち込まれてくる可能性もあるからです。

6.ホールアウト後は忘れ物がないかしっかりとチェックを!

ホールアウト後は、グリーン周辺に忘れ物がないかしっかりとチェックしましょう。

ちなみに忘れ物チェックは、一番最初にホールアウトした人が行うのがマナーです。

もちろん他のプレーヤーの方も、最初にホールアウトした人に全てを押し付けるのではなく、一緒にグリーン周辺のチェックを行なってあげましょう。
ゴルフは紳士のスポーツです。ちょっとした気遣いの心を常に忘れないでくださいね!

まとめ

本日は、グリーン上で気をつけたいマナーについてご紹介しました。

ちょっと細かいようにも思えますが、いずれもプレーヤー同士が気持ちよくゲームを楽しむために必要なマナーです。
ただし、例えばピンフラッグの抜き差しを行う人を決める場合などについてはマナーに縛られすぎず、気づいた人が積極的に対応するようにしましょう。

シーンに合わせた臨機応変な対応と気遣いを行えるスマートなプレーヤーを目指してくださいね!