ゴルフ初心者必見!インサイド・アウトのスイング軌道を理解しよう | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフ初心者必見!インサイド・アウトのスイング軌道を理解しよう

「インサイド・アウト」とはいくつかの種類があるゴルフスイングの軌道の一種。

もともとスライス気味で右に飛びやすかったゴルフ初心者が、慣れてくるとなぜだかフック気味になってしまう…なんて経験はありませんか?

もしかするとゴルフスイングの軌道が変わってしまっている可能性が高いんです。改めて「インサイド・アウト」など、ゴルフスイングの軌道について再確認してはいかがでしょうか?

今回はそんなスイング軌道の一種である「インサイド・アウト」についてわかりやすくご紹介します。

1 インサイド・アウトスイングとは

golf-insideout-01

そもそもインサイド・アウトとは、スイングを上から見たときにクラブヘッドの軌道が体の内側から入って外側へと抜けていく軌道のこと。

この軌道でスイングすると、インパクト時にクラブフェースはややクローズ気味になりやすいという特徴があります。

そのため、打ったボールの回転はドロー(左回転)ぎみのフック系が出やすいのです。

クラブが長ければ長いほど、この特徴は大きく出やすくなると言われています。

フック系のボールが出やすいと聞くとミスショットばかりをイメージしがちですが、一方でインサイド・アウトで打ったボールはスピン量が少なく、飛距離が出やいという一面もあります。

そのためゴルフ中上級者によっては、コースやその時の状況を考慮した上でわざとインサイド・アウトのスイングでドロー系のボールを放つ、なんてこともあります。

2 インサイド・アウトで打つには?

初心者には難しい技ですが、インサイド・アウトで打つとドロー回転がかかりやすく、高弾道でボールが飛びやすくなります。

今回は、インサイド・アウトの簡単な打ち方をご紹介します。

2-1 アウトサイドにクラブを振り上げる

インサイド・アウト軌道を振るために試していただきたいのが、クラブを振り上げる際にアウトサイドに持っていく練習。

実はクラブがアウトサイド気味に上がると、クラブはインに降りて来やすいのです。

イメージとしては、テークバックでアウトサイドにクラブをあげて、インサイドから降ろしてくるようにループを描いてスイングすること。

リズム感もよくなるため、ミート率も上がるでしょう。

2-2 ゴルフボールの位置は真ん中寄り

golf-insideout-02

ドライバーショットでドロー気味のボールを打ちたい場合は、ボールをセットする位置を変えるのもよいかもしれません。

通常、ドライバーでのショットの場合ボールの位置は左足かかとの延長線上にセットする方が多いですよね?。

しかし、このボールの位置はボール1個〜2個分ほど真ん中よりにセットして見てください。

そうすることで自ずとインサイド・アウトの軌道でスイングしやすくなります。

2-3 ビハインド・ザ・ボールで打つ

ビハインド・ザ・ボールとは、インパクト時に頭の位置がボールよりも右側にある状態の事。

このインパクト時の頭の位置を意識することで、インサイド・アウトで振りやすくなり、さらにヘッドスピードも加速するために飛距離も期待できます。

逆に頭の位置が左側にある状態だとアウトサイド・インのスイングになりやすくスライスしやすいので注意が必要です。

3 インサイド・アウトの修正法

初心者ゴルファーでも、インサイド・アウト気味のスイングで振ってしまい、フックボールに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

では、どういった方法でインサイド・アウトのスイング軌道から脱出できるのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

3-1 グリップを見直そう

golf-insideout-03

インサイド・アウトのスイング軌道になってしまう原因のひとつとして考えられるのが、グリップがフックグリップになりすぎているということ。

フックグリップとは、上記の画像のような状態で構えたときに左手の拳の山が3個以上見える状態のことを指します。

このグリップ方法でストレートボールやドローボールが出ている場合は問題ありませんが、フックボールやプッシュアウトが出るような場合は、フックグリップを緩めて見てください。

目安としては、左手の拳の山が2個〜2個半ほど見える程度。

さらに右手の親指と人差し指の付け根でできるV時が自分の右耳をさすように意識して構えましょう。

これを変えるだけでインサイド・アウトの軌道が改善される場合もあるでしょう。

3-2 アドレスを見直そう

次に見直したいのがアドレス。

アドレスは正しいスイングをする上でとても重要なポイントです。

理想的なアドレスでは、両肩のラインはターゲッドラインと平行になるのが基本。

しかしこの時点で両肩のラインが平行線よりも右を向いていると、スイングの軌道がインサイド・アウトになりやすくなります。

この両肩のラインはフックグリップと関係している場合が多いため、どちらも意識して構えることをお勧めします。

まとめ

今回は、フックボールが出やすいインサイド・アウトのスイング軌道に関してご紹介しました。

インサイド・アウトのスイングに悩むゴルファーは、今回ご紹介したようにスイングそのものよりもアドレスやグリップを改めて見直してみることをおすすめします。

スイング自体を変えようとするとかえって変な癖がついてしまう可能性もあります。

インサイド・アウトがどういった仕組みなのかをまず理解して、改善・レベルアップを目指していきましょう!