ゴルフのハンドダウン・ハンドアップがショットに与える影響 | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフのハンドダウン・ハンドアップがショットに与える影響

ゴルフスイングにおいて一番重要とされるのが「アドレス」と言われています。

正しいアドレスができているかが、その後の飛距離や方向性に繋がるため、初心者ゴルファーにとっても重要なポイントです。

中でもアドレスの際の手(グリップ)の位置については、あまり気にしなくてもいいように感じますが実はとても重要。

今回はハンドダウン・ハンドアップについてご紹介していきます。

1 ハンドダウンについて

golf-handdown-01

1-1 ハンドダウンとは?

ハンドダウンとは、アドレス時のグリップ(両手)の位置が低すぎる状態のことを言います。

ハンドダウンした状態だと構えを後ろから見たときに前傾しすぎていたり、腰がくの字に曲がっていたりと全体的に小さい構えに見えます。

背が高くクラブが身長に対して短いというゴルファーに多いと言われるハンドダウン。

このハンドダウンで構えることは、あまり正しくない構え方とされています。

1-2 ハンドダウンがショットに与える影響

ハンドダウンでショットすると、ボールが左に飛びやすくフックになりやすいと言われています。

これは「トゥダウン現象」と呼ばれるもので、インパクト時にクラブに強い遠心力が加わることで、クラブヘッドの先端が下がってしまうことからフックやチーピンを引き起こしやすくしてしまいます。

一方で、ハンドダウンが引き起こすメリットも。

スライスに悩むゴルファーは、ハンドダウンすることでスライスを改善しやすくなることがあります。

ハンドダウンするとクラブシャフトがアドレスで寝た状態になってしまいます。

つまりつま先上がりのライで構えた時の状態に似た体勢になるため、スイングがフラットぎみになりインパクト時にフェースが返りやすくなるため、ショットが右に飛び出しにくくなるのです。

さらに、アップライトになるとフェースは左方向を向きやすくなるため、ボールをしっかりと捉えることができ、綺麗なドローボールが打てるというメリットもあります。

1-3 ハンドダウンの見分け方

では自分がハンドダウンになっているかをチェックしてみましょう。

アイアンを構えたときに、クラブヘッドのトゥ側に注目してください。

このトゥ側が大きく浮き上がっている状態は、ハンドダウンしている可能性があると言えるでしょう。

自分で構えた状態だとなかなか見分けがつかないかもしれません。

鏡で確認して見たり、知人に写真を撮ってもらって確認してみることをおすすめします。

2 ハンドアップについて

golf-handdown-02

2-1 ハンドアップとは?

ハンドアップとはハンドダウンとは逆で、アドレス時のグリップ(両手)の位置が高すぎる状態のことを言います。

ハンドアップした状態だと、構えを後ろから見たときに前傾角度が浅く、腰が十分に曲がっていないような構え方になります。

ハンドアップの構えはゴルフ初心者に多く見られると言われています。

2-2 ハンドアップがショットに与える影響

ハンドアップで打った場合、スライスになりやすく、飛距離も落ちやすくなるというデメリットがあります。

ハンドアップで構えると、クラブシャフトがアドレスで立つような形(アップライト)となってしまいます。

これはハンドダウンの時とは逆につま先下がりのライで構えた時に似た状態。

そのような状態でスイングすると縦振りに近いスイング軌道となってフェースが開きやすく、スライスショットやシャンク、ダフリに繋がってしまうのです。

またコックがうまく使えないようなスイングになるため、飛距離にも影響が出てしまうことも。

一方で、普段フックやチーピンに悩むゴルファーにとっては、ハンドアップで構えることによってその悩みが軽減されるケースもあります。

2-3 ハンドアップの見分け方

クラブを構えた際にクラブのヒール側(根元側)が浮いている場合はハンドアップになっていると言えます。

これも自分では確認しづらいものなので、第三者にチェックしてもらうとわかりやすいかもしれませんね。

3 正しい手首の位置は?

golf-handdown-03

前述した通りハンドダウンとハンドアップ、スイングの構え方としてはそれぞれにあまり好ましくない特徴を持っています。

では適正な両手の位置はどこなのでしょうか?

そもそもゴルファーの身長や腕の長さがそれぞれであるように、この両手の位置も人それぞれ。

1つの基準として試していただきたいのがコインを使って確認する方法。

クラブを構えた際に、クラブヘッドのトゥ側に10円が2枚程度入るように浮かせて見てください。

それを目安としてコインが押しつぶされる、ズレる場合はハンドアップしている状態、逆にコインに触れなければハンドダウンしていると言えます。

このコインに触れるか触れないかがあなたにとっての適正なグリップの位置です。

この時の両手の位置、角度をからだがしっかりと覚えられるよう都度確認すると良いでしょう。

まとめ

今回は、ゴルフスイングの基本であるアドレスの両手の位置についてご紹介しました。

ハンドダウン、ハンドアップはもうしかしたら自分ではなかなか気づかないポイントであるかもしれません。

しかしフックやスライスで悩むゴルファーは是非とも、スイングを見直す前に自分の両手の位置を再度確認してみてください。

あなたにとって適正な両手の位置を身につけて、飛距離アップを目指しましょう!