ゴルフに「ギブアップ」のルールはある? | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフに「ギブアップ」のルールはある?

ゴルフには公式ルールとゴルフ場によって異なるローカルルールの主に2つのルールに沿ってラウンドを楽しむものです。

ゴルフだけでなく、全てのスポーツは複雑なルールをしっかりと理解することがとても重要です。

みなさんは、そんなゴルフのルールについてどのくらいご存知ですか?

今回はゴルフにおける「ギブアップ」についてわかりやすくご紹介します。

では早速見ていきましょう!

1 ゴルフにおけるギブアップとは?

ゴルフにおける「ギブアップ」は公式ルールで定められたものと、ローカルルールで定めれたものの2つがあります。

しかし、主に使われるのはローカルルールのギブアップです。

それぞれ詳しく見てみましょう。

1-1 公式ルールによるギブアップ

golf-giveup-01

公式ルールで定められたギブアップは、マッチプレーでのラウンドでのみ適用されます。

マッチプレーとは、ホールごとの勝利数で争うプレースタイルのこと。

マッチプレーでのギブアップは、いわゆる「コンシード」のことです。

公式ルールにおけるギブアップ(コンシード)は、マッチプレーの際に相手の次のショットがカップインしたとみなしてホールアウトができるというルール。

マッチプレーではホールごとの勝ち負け決めなくてはいけません。そのホールで確実に自分が負けると言う場合にコンシードを宣言する事で自分の負けを認めると言う事になるのです。

つまり公式ルール上には「ギブアップ」という言葉自体はありませんが、実質ギブアップの代わりとしてこのコンシードを宣言する事ができるのです。

1-2 ローカルルールによるギブアップ

ローカルルールにおけるギブアップとは、公式とはまた異なり、主にストロークプレーで適用されることが多くあります。

ストロークプレーとは、普段知人とのゴルフや接待ゴルフ、コンペなどで使われるプレースタイルで、全ホールを回り終えた後の打数(スコア)を競い合うプレースタイル。

このローカルルールにおけるギブアップは、そのホールの規定打数(パー)を3倍した数字を打数として登録すること。

例えば、パー4のホールでプレー中に「もうどうしても調子が悪い…このホールは諦めよう…」と思った時に「ギブアップ宣言」することで、パー4の3倍である「12」をスコアとすることができるのです。

しかしこれはあくまでローカルルールであるため、パーの2倍をスコアとするなど柔軟な対応をしているケースもあるので確認が必要。

さらに公式競技におけるストロークプレーでのギブアップは認められていませんので注意しましょう。

2 ギブアップはプレーファストのため

golf-giveup-02

ではなぜ、ゴルフのラウンドにおいて、ギブアップというルールがあるのでしょうか?

それはゴルフをプレーする上でもっとも大切なマナーを守るため。それは「プレーファスト精神」です。

ゴルフ場でラウンドするゴルファーは、私たちだけではなく、その後にはほかの組やゴルファーがラウンドしています。

特に初心者ゴルファーは経験のあるゴルファーよりも打数が多かったり、時間がかかりがち。

スロープレーは周りに迷惑をかけるため、常にプレーにかかる時間は常に配慮しなければなりません。

初心者ゴルファーだけでなく調子の悪いゴルファーなど、プレーに時間がかかって他のゴルファーに迷惑がかかってしまいそうな時には、悔しいとは思いますがギブアップを使うと良いでしょう。

ただし安易にこのルールを使用すると、自分のスキルは上達しません。

状況をよく考え、配慮した上でギブアップルールを使用しましょう。

まとめ

今回はゴルフにおけるギブアップについてご紹介しました。

ストロークプレーにおけるギブアップは、あくまでローカルルールで定められるルールです。

みなさんご存知の通り、ローカルルールはゴルフ場によって異なりますので、コンペの際など不安な時は事前に確認しておくと良いでしょう。

でも一番良いのは、プレーファストで且つギブアップせずにラウンドできることです!

たくさん練習してスコアもプレー時間も縮めていきましょう!