ゴルフの基本!フェードボールの仕組みとドローボールの違いとは? | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフの基本!フェードボールの仕組みとドローボールの違いとは?

よくゴルフ中継やラウンド中に「フェード」や「ドロー」というワードを聞くことはありませんか?

とくに初心者ゴルファーにとっては、なにが「フェード」で「ドロー」であるかはっきり理解している方は少ないのではないでしょうか。

今回は、初心者ゴルファーが知っておきたい「球筋」の一つである「フェードボール」に焦点をあてて、わかりやすくご紹介します。

ちなみに今回は、右利きを前提としてご紹介します。

「フェード」の仕組みを知って、是非ともゴルフトークに活かしたり、ご自身でもチャレンジしてみてください!

1 フェードボールとは?

1-1 フェードボールは球筋の一種

golf-fadeshot-01

フェードボールとは、球筋の一種の呼び名を指します。

どのような球筋かというと、ボールがクラブに当たったあと、ボールがターゲット方向に対してやや左に飛び出し、そこから右に曲がって最終的にターゲット方向へと戻っていくもの。

それを「フェードボール」や「フェード」と呼びます。

フェードボールの特徴は、ボールが高く上がり、安定的な弾道であるというところ。

ボールが着地してからも転がる事(ラン)が少なく、ピタッと止まるのも特徴と言えるでしょう。

飛びすぎると池やバンカーに入ってしまう…という場面などでフェードを打つ事で飛距離を合わせ、落下地点を正確に捉える事ができるのです。

1-2 フェードとドローは方向が逆

よく、「フェード」と「ドロー」の違いがわからない、という方も多くいらっしゃいます。

結論からいうと、フェードとドローの球筋の流れとしては同じですが、飛び出す方向と曲がる方向が逆なのです。

・ボールが最初に若干に飛び出し、そこからに曲がってターゲット方向に着地する=フェード

・ボールが最初に若干に飛び出し、そこからに曲がってターゲット方向に着地する=ドロー

ドローボールの特徴は、フェードボールとは逆で「飛距離」が狙えるということ。ドローボールは、ボールにトップスピンと呼ばれる順回転がかかっているため、地面に着地してもさらに転がりやすくランが出やすいのです。

多くのプロゴルファーやゴルフ上級者はこの2つの球筋を使い分けています。

初心者ゴルファーにとっては、この2つを使い分ける事はかなり難しいと言われています。

2 フェードボールの仕組み

golf-fadeshot−02

フェードボールの仕組みは基本的にスイングの軌道と、クラブヘッドのフェースの向きで理解できます。

まず、スイング軌道。

スイングの軌道とは、「クラブの振り方」でそれによってボールが打ち出される方向が決まります。

フェードボールの場合、ややアウトサイド・インぎみのスイング軌道からうまれます。

アウトサイド・イン軌道とは、飛球線の外側からヘッドが入って、インパクト後は飛球線の内側へ入っていく軌道です。

そしてもうひとつがフェースの向き。

インパクト時のクラブのフェースの向きによって、ボールがどのように曲がるかが決まるのです。

フェードボールの場合、インパクト時のフェースの向きがスクエアフェースもしくは若干クローズ気味であると出やすい球筋となります。

上記の、アウトサイド・イン軌道とスクエアフェース、もしくはややクローズ気味のフェースが組み合わさる事でドローボールが生まれるのです。

2-1 フェードとスライスの違いは?

スライスは打ち出しから右方向にボールが飛び、そのまま右方向に着地する球筋。

初心者ゴルファーがもっとも打ちがちな球筋と言われているものです。

スライスのスイング軌道はアウトサイド・イン軌道であることは同じですが、フェースが完全に開いたままの状態でインパクトを迎えます。

似ていると思われがちな球筋ですが、フェースの向きが変わるだけで球筋はかなり変わるのです。

3 初心者でもわかりやすい、簡単なドローボールの打ち方とは?

golf-fadeshot-03

ゴルフ初心者は、まずはストレートなボールを打てるようになることが大前提です。

なぜならば自分のスイングが確立される前にスイングやフェースの向きを変えることは、スイングのブレが生じたりと様々なリスクを伴うからです。

しかし正しいスイング軌道が確立した上で、スイング軌道やフェースの向きを変えずとも、通常と同じ振りかたでフェードボールを打つ事ができるのです。

それは、スタンス位置の向き(構える向き)を目標に対してオープンぎみにすること。

そしていつもと同じ打ち方をするのです。スタンス通りに素直にスイングすると、インパクト時にボールのインサイドに入り、カット気味のスイング軌道になります。

そうすることで、自然とフェード気味の球筋になるのです。

ある程度自分のスイングが確立された方は、是非とも練習などでチャレンジしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「フェード」と「ドロー」の違い、「フェード」と「スライス」の違いなど、基本的な仕組みから見てみると違いを理解いただけたかと思います。

フェードボールは、ドローボールよりもコントロールしやすいので安心してスイングすることができます。

徐々に自分のスイングに慣れてきた方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

フェードを打てるようになると、ラウンドでの楽しさも一段とアップする事間違い無いでしょう!