ゴルフ肘ってなに?原因と予防をわかりやすくご紹介! | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフ肘ってなに?原因と予防をわかりやすくご紹介!

golf-elbow-01

皆さんは「ゴルフ肘」を知っていますか?

「テニス肘」や「野球肘」などの言葉はよく聞くワードですが、「ゴルフ肘」は中々ゴルファーしか馴染みのないワードかと思います。

「ゴルフ肘」は、ゴルフならではの動きから発生するスポーツ障害なのです。

今回は、ゴルフ初心者やゴルフに慣れ始めた方もなってしまう可能性のある「ゴルフ肘」について、原因や対策をわかりやすくご紹介します。

1 ゴルフ肘とは?

golf-elbow-02

ゴルフ肘とは、「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」というスポーツ障害のひとつです。ゴルファーに多く見られる病気であることから、「ゴルフ肘」や「ゴルフエルボー」と呼ばれています。

ゴルフ肘はゴルフのスイングやフォームならではの症状で、肘の内側の「内側上顆」と呼ばれる骨の出っ張りが痛くなります。また一度ゴルフ肘になると、スイング時の痛みだけではなく腕を曲げたり引っ張ったり、ひねったりした時や、手を強く握った時にも痛みを伴うので、日常生活にも支障をきたしそうですね…

この病気はいわゆる上手いゴルファーでは起こりにくく、初中級のゴルファーに起こりやすいと言われています。また腱は筋肉と違って老化が進むため、中高年のゴルファーにもこのゴルフ肘が多いと考えられるとのこと。

ちなみに、皆さんも聞いたことがある「テニス肘」も同じ肘のスポーツ障害ですが、ゴルフ肘とは痛む箇所が違い、肘の外側の骨の出っ張った部分が痛くなります。

2 ゴルフ肘の主な原因は?

肩から肘にかけての大きな骨である「上腕骨」の内側上顆部分(腱の部分)には、手首を手のひら側に曲げる筋肉がついています。無理なスイングのしすぎや、ダフリ、手首や腕の使いすぎからくる疲労の蓄積から、この付着部が炎症をおこして、痛みを伴うゴルフ肘となります。

ゴルフ肘になってしまう原因としては、下記のように無理なスイングを続けることで発生してしまうと言われています。下記のようなスイングをするゴルファーはゴルフ肘になりやすいので気をつけましょう。

  • クラブを握る手がかなり力んでいる
  • ダフリが多い
  • スイング時に肘が突っ張った状態で振り抜いている
  • 体全体を使わずに手打ちの状態になっている

3 ゴルフ肘の治療法は?

golf-elbow-03

ゴルフ肘は、まず第一に安静にすることが重要であると言われています。さらには消炎鎮痛剤の内服、塗布、ステロイドの局所注射なども治療効果があるとされています。

スコアが下がらない為にも、定期的にゴルフに行きたい気持ちは理解できますが、まずはゴルフ肘の症状を少しでも緩和できるよう、治療に専念することをお勧めします。

それでも少しでも痛みを予防してゴルフしたい!という方は、ラウンド前前後にしっかりストレッチを行いましょう。これにより、腕の筋肉を柔らかくして肘の筋肉疲労を軽減してくれるでしょう。

おすすめのストレッチは、上の写真のように腕を前に出し、一方の手をもう片方の手で掴んで手の甲の方へ反らすストレッチです。ゆっくり息を吐きながら筋肉を伸ばすことを意識しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ゴルファーがなりやすい「ゴルフ肘」についてご紹介しました。

力んだスイングや間違ったスイングでの練習のやりすぎは、スコアアップ云々ではなく、ゴルフ肘といったスポーツ障害に繋がる可能性があります。

しかし、今回ご紹介した内容が全てではなくあくまで知識の1つとして覚えておいて、万が一ゴルフ肘かな?と思ったらすぐにクリニックへ行くことをおすすめします。

以上を踏まえ、ラウンド前とラウンド後はしっかりストレッチを行って、これからも楽しく安全にゴルフライフを楽しみましょう!