初幹事!ゴルフコンペの流れとは?予約から当日まで | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

初幹事!ゴルフコンペの流れとは?予約から当日まで

大きい、小さい関わらず、ゴルフ経験者であれば「ゴルフコンペ」に参加したことのある方は多いのではないでしょうか?

しかしコンペに参加者として出席したことがある方がほとんどで、主催者である「幹事」をになったことのあるゴルファーは意外と少ないのではないでしょうか?

中にはコンペ参加経験が少ないのに、いきなり幹事を任せられた…!なんてこともこれから十分に有り得る話です。

今回は、そんなゴルフコンペの幹事初心者に向けて、幹事として”最低限”やらなければならない段取りについてわかりやすくご紹介します。

1 ゴルフコンペとは?

golf-competiton-01

そもそもゴルフコンペとは、「ゴルフ・コンペティション(Golf Competion)」の略で、ゴルフ競技会のことを指します。

競技会、と聞くと上級者向けの大会に聞こえますが、一般的なゴルフコンペの意味は、仲間内で集まってワイワイ楽しく行うゴルフ大会のようなもの。

ゴルフメーカーが主催するものもあれば、会社で主催するもの、ゴルフ場が主催するものなど主催する人や会社は様々です。

スコアの順位によっては景品がもらえたり、コースによって「ドラコン」や「ニアピン」などのゲームが設けられる場合も多く、ただラウンドするだけでなく様々なコンテンツを楽しめるのもゴルフコンペの醍醐味です。

2 幹事がするべき最低限の段取りとは?

2-1 コンペ前の段取り

2-1-1 開催日・場所・予算決め

コンペを担ってまず押さえなければならないのが、コンペを開催する日と、開催するゴルフ場、プレーフィーとコンペ参加費を合わせた一人当たりの予算決めです。

大まかな人数と日程が決まったらすぐにゴルフ場を予約することをおすすめします。

春先や秋口などのシーズン、土日などはすぐに予約が埋まってしまうこともあります。余裕をみて1〜3ヶ月後を目安に予定を組むと良いでしょう。

予算に関して、プレーフィーはゴルフ場によって変わります。ゴルフ場は、参加するゴルファーのレベルに合わせて選ぶよう心がけましょう。

コンペの参加費は、打ち上げパーティや景品によって変わりますが一人あたり2,000〜3,000円が一般的です。

上記のプレーフィーとコンペ参加費を合わせた金額が一人当たりの予算となります。

2-1-2 組み合わせの作成

ゴルフ場と予算が決まったら、次は組み合わせ表を決めます。

組み合わせはメンバーのレベルや年齢、関係性などを考慮した上で、バランスよく割り当てます。

主賓がいる場合はなるべく最初の組、初心者ゴルファーがいる場合はスロープレーを防ぐためにも組み合わせをバラすようにしましょう。

この時幹事はプレー終了後もスムーズに信仰できるよう、最初と最後の組にそれぞれ入ることをお勧めします。

さらに各組で、経験豊富なゴルファーを「エチケットリーダー」とし、プレーの進行やスコアカードの回収など協力を仰ぎましょう。

2-1-3 競技方法の決定、参加者への連絡

当日の競技方法や、スコアの集計方法を決めましょう。

初心者ゴルファーがいる場合はハンディキャップを入れるなど、コンペ参加者全員が楽しめるよう配慮することが重要です。

様々なレベルのゴルファーが参加する場合は、ペリアもしくは新ペリア(ダブルペリア)方式によるストロークプレーで行うことが一般的。

・ペリア、新ペリア方式の算出方法はこちら ( https://www.clunk.jp/column/golf-knowledge-net )

また、ラウンド中のゲームとしてドラコンやニアピンを取り入れることも一般的です。

事前にドラコン・ニアピンのフラッグを購入しておくと、当日さらに盛り上がるでしょう。

以上が決定したら、参加者への連絡をしましょう。

開催日時、場所、組み合わせ等が決まり次第、参加者への連絡をしましょう。

2-1-4 コンペ景品の準備

参加費に合わせて景品を手配しておきましょう。だいたい参加費の50%を景品に当てるのが一般的です。

一般的に景品が必要になるのは下記のプレーヤー。

・上位ゴルファー(優勝、準優勝、3位)

・飛び賞(5位、10位など)

・ブービー賞

・ベスグロ賞(ベストグロス)

・ドラコン賞

・ニアピン賞

・ベストドレッサー賞など

他にも様々な景品対象者を決めることがありますが、対象者が多すぎると参加費が高くなってしまう可能性もあります。参加費と、参加人数のバランスをみて決めることをおすすめします。

2-2 コンペ当日の段取り

2-2-1 ゴルフ場での受付

さあ、いよいよコンペ当日です。

幹事は、スタート時間の1時間~2時間前にはゴルフ場にいることをおすすめします。

クラブハウスの玄関口付近にコンペ用の受付場所を設け、コンペ参加者の受付を行いましょう。

受付表や筆記用具、電卓などを用意しておくとスムーズに進行できるかと思います。

2-2-2 いよいよスタート!挨拶と注意事項

参加者が集合したら、まずは簡単な挨拶から始めましょう。

参加に対するお礼はもちろん、ルールの、注意事項などの再確認を忘れずに。

ここで、ドラコンやニアピン対象のホールを伝えることも忘れないようにしましょう。

時間に余裕がある場合は、ここで集合写真を撮るのもいい思い出になるはずです。

2-3 コンペ後の段取り

2-3-1 スコア集計

golf-competiton-02

全員のラウンドが終了したら、各組エチケットリーダーからスコアカードを回収します。

マスター室でスコアを確認し、順位表を作成してもらいましょう。

ドラコン、ニアピンの旗も同時に回収し、表彰式に移ります。

2-3-2 表彰式(打ち上げパーティー)と締め

golf-competiton-03

人数が多いコンペの場合は、クラブハウス内にある別会場を手配しておくと良いでしょう。

表彰式の進行は、さくさくと、大きい声で行いましょう。

また、何事も自分たちで無理してやろうとせずに、遠慮なくサポートをお願いすることもスムーズな進行には欠かせません。

表彰式は一般的に下記のような流れで行われることが多いので、参考にしてみてください。

1. 簡単な挨拶(主賓も)

2. 成績発表

成績発表は下記の順番で発表すると盛り上がるに違い無いでしょう!

ドラコン賞、ニアピン賞→ブービー賞、ブービーメーカー賞→下位順位から飛び賞→4位〜2位→優勝→ベスグロ

3. 景品を私終わったら、優勝者から一言コメントをもらってもいいかもしれません。

4. 最後の締めの挨拶が完了すれば、幹事の仕事は終了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。思っていたよりもハードであると感じた方も多いはずです。

予約から当日まで、コンペ参加者が全員安全に、楽しくプレーできるように様々な配慮が必要となります。

しかし、全てを完全に幹事がやらなければならない、なんてことはありません。

サポートが必要な場合は、無理せずに他の参加者に協力をお願いしましょう。他の方に頼むことも、スムーズにコンペを進行するには大事な役目です。

忘れてはいけないことは、幹事であろうと自身もコンペを楽しむことです。

みんなで協力しあって、楽しく盛り上がるコンペを目指しましょう!