初心者必見!クラブの握り方からはじめる正しいアドレス方法 | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

初心者必見!クラブの握り方からはじめる正しいアドレス方法

golf-adress-position-01

「アドレス」とは、ボールを打つために「構えること」を意味します。

ゴルフスイングの始点として、基本的なアドレス(構え方)を身につけることが何よりも大事と言われています。

初心者やこれからゴルフを始める方は特に、このアドレスがとても重要なポイントです。今回は、基本的なアドレスの仕方やクラブ別のボールの位置などをわかりやすくご紹介していきます。

1 基本的なアドレス(構え方)とは?

1-1 まずはグリップの握り方から!

golf-adress-position-02

正しいアドレスを身につける上で、まずグリップの握り方がポイントになります。

しっかりとクラブのフェースが向いていたとしても、握り方が少しでも違っているとターゲット方向へ飛ぶ確率が低くなります。今回は、もっともオーソドックスな「オーバーラッピング」は下記の通りです。

  1. 右利きの方は、左手の親指以外の付け根にグリップが当たるようにクラブを握ります。この時、親指はシャフトの先を指すように添えましょう。小指、薬指、中指の3本でグリップを支える感覚で握りましょう。
  2. 左手の人差し指と中指の間に右手の小指を乗せ、薬指と中指の付け根にグリップを当てます。右手の親指もシャフトにむかって添えて、両手でグリップを包み込むように握ります。

ここでのポイントは、正しい握り方で、ギュッと力を入れて握るのではなく、上半身の力を抜いて自然にクラブを握ることです。

また「オーバーラッピング」以外に、右手小指と左手人差し指を完全に絡ませる「インターロッキング」や、どの指も絡ませずに完全に両手10本で握る「テンフィンガー」もありますが、初心者の方は基本的な「オーバーラッピング」から始めることをおすすめします。

1-2 基本的なスタンスの取り方とは?

golf-adress-position-03

正しいグリップの握り方ができたら、次は正しいスタンスの取り方をご紹介します。「スタンス」とは、ボールを打つ際の両足の幅の取り方を意味します。今回は、もっとも基本的である「スクエアスタンス」でのスタンスの取り方をご紹介します。

  1. まずボールとターゲットの延長であるターゲットライン(飛球線)の後方から、打つ方向をしっかりイメージします。
  2. 「スタンスライン」と呼ばれる、ターゲットラインと両足のつま先を結んだラインとターゲットラインとが平行になるように立ちます。
  3. ボールに対するスタンスの位置を決めます。アイアンの場合:身体とグリップエンドの間にこぶし1つ半くらいの空間が理想です。ドライバーやFW(フェアウェイウッド)の場合:身体とグリップエンドの間にこぶし2つくらいの空間が理想です。
  4. 7番アイアンの場合は、一般的には自分の肩幅に合わせてスタンス幅を取ります。

この7番アイアンのスタンス幅を基本として、クラブが長くなればそれに合わせてスタンス幅を広く、クラブが短くなればスタンス幅も自ずと狭くすることが一般的です。

ただし、理想のスタンス幅はそれぞれゴルファーによって変わりますので、自分の一番立ちやすい幅でスタンス幅を取ることをお勧めします。

1-3 自然な前傾姿勢をつくりましょう

正しいグリップの握り方、スタンスがとれたら次は「正しい姿勢」です。適度な前傾角度をキープすることでスイングしやすく、そしてまっすぐボールを飛ばすことができます。

  1. 股関節から上体を前傾させます。ここでのポイントは、お尻をツンとだすイメージで、猫背になららずに背筋をピンとさせたまま前傾させることです。
  2. 膝を軽く曲げましょう。棒立ちの状態でスイングすると、スライスしやすくなります。
  3. 「拇指球(ぼしきゅう)」と呼ばれる、両足の足裏親指の付け根の少し下の部分に重心をおきましょう。

2 クラブ別のボールの位置

ボールの位置は、どのクラブを使うかによって変わってくることが一般的です。クラブが長くなればなるほど、ボールの位置はターゲット方向に寄っていきます。

練習の際もただボールをセットするのではなく、自分のスタンス幅で、それぞれのクラブだとボールはどの位置になるのか、しっかり体に覚えさせることが大切です。

2-1 ドライバーでのボールの位置

golf-adress-position-04

左足内側の線上にボールをセットさせることが一般的です。人によっては左足の前にボールを置く方も多くいらっしゃいます が、それぞれドライバーの長さなども異なりますので、練習で自分にあった位置を見つけることをおすすめします。

2-2 ロングアイアン、ユーティリティ、フェアウェイウッドでのボールの位置

ドライバーと同じく左足内側の線上にボールをセットさせますが、ドライバーよりボール半個分ほど真ん中寄りに置くことを意識しましょう。

2-3 ショートアイアンでのボールの位置

golf-adress-position-05

自分が構えた両足の真ん中にボールが位置するようセットします。

両足のつま先とボールとが正三角形になるように意識することをおすすめします。

3 アドレスからスイング始動までの理想的な時間はある?

アドレスしてからスイング始動までの理想の時間は個人によっても変わります。しかし、マナー的にもなるべく早く、時間をかけずにすぐに打ち始めることを常に意識しましょう。

アドレスからテイクバックするまでの時間が毎回異なると、自分のスイングリズムが作れず思うようなショットができなかったり、ミスをしやすくなります。

そうならないためにも、常に練習の時から自分のルーティンをつくり、スムーズにアドレスに入りテイクバックを取れるよう意識することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自分のアドレスをしっかり身体に覚えさせることは、ゴルフを始める上で大切な基本であり、同時にゴルフ上達への第一歩になります。調子がいい時、悪い時の判断基準にもなるかと思います。

練習でも本番のラウンドでも、基本アドレスを常に意識してもっともっとゴルフスキルをアップしていきましょう!