ゴルフコースの「ドッグレッグ」の語源と攻略法とは? | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

ゴルフコースの「ドッグレッグ」の語源と攻略法とは?

ゴルフコースの形状にも名前が付いているのをご存知ですか?

中には普段の生活ではなかなか使う事のない名前が付いているゴルフコースもあります。

しかしコース攻略を語る上で、コースの形状を表す単語は覚えておきたいものです。

今回は、「ドッグレッグ」というコースの形状にポイントを当ててご紹介してきます。

1 ドッグレッグとは

1-1 コース形状のこと

dogleg-01

そもそもドッグレッグはゴルフコースの形状のひとつ。

ティーイングエリアからグリーンの途中で右もしくは左方向に曲がったコースの事を言います。

右に曲がったコースであれば「右ドッグ(レッグ)」、左に曲がったコースであれば「左ドッグ(レッグ)」のような使い方がされています。

コースによっては、右にドッグレッグして、その先で左ドッグレッグになっている、いわゆるS字になっているコースもあります。

このように2つのドッグレッグがあるコースは「ダブルドッグレッグ」と呼ばれます。

ダブルドッグレッグはもちろん難易度が高く、いかに攻略できるかがポイントです。

1-2 語源は?

ドッグレッグ(Dog leg)は、直訳すると「犬の足」。

ドッグレッグのコースを上から見ると、まるで犬のうしろ足のように「くの字」に曲がっている事からつけられたと言われています。

たしかによく言われて見ると、犬の足に見えなくもありませんね。

なぜ犬にちなんだ名前がつけられたかと言うと、昔のイギリスではラウンドにペット(犬)を連れてくるゴルファーが多く、犬好きのゴルファーが曲がったコースを犬の足に見立てたからと言われています。

しかし実際のところ、そういった「説」であり真偽のほどはわかりません。

2 ドッグレッグの攻略法

dogleg-02

ドッグレッグのあるホールでは、しっかりとイメージして戦略を立てる事が重要です。

今回は、主に2つの攻略法をご紹介します。

2-1 曲がりの反対のフェアウェイを狙う

初心者でも攻略しやすい安全策は、曲がりの反対のフェアウェイを狙って打つ「遠回りルート」でコースを攻める方法です。

例えば、右に曲がる「右ドッグレッグ」の場合。

普通に考えると、ちょうど右よりの曲がり角を狙って打てば近道になると思いがちです。

しかし、近道しようとすればするほど、林などがスタイミーとなってしまう可能性があります。

万が一林に入ってしまうと、林から出すだけのショットが増えてしまい、結果的に無駄な打数が増えてしまうでしょう。

一方で、曲がり角の反対(左寄り)のフェアウェイを狙う事で、セカンドショットでピンを狙える可能性が出てきます。

極端に言えば、フェアウェイでなくラフでもOKくらいのイメージで打っても大丈夫でしょう。

また、もともとフック系のゴルファーは左寄りが狙いやすく、スライス系のゴルファーは左ドッグの際に右寄りを狙いやすくなります。

コースの状況と、自分の持ち球を考慮して、どこにボールを落とすかしっかりと狙いを定めて撃ちましょう。

さらに距離感もしっかりと意識して番手を変えることもとても大切です。

2-2 ショートカットする

遠回りルートで攻める方法の他に、飛距離や方向性に自信のあるゴルファーはショートカットでのルートを狙う方法もあります。

例えば、右ドッグレッグであれば曲がり角の林などを超えて、よりグリーン近くのフェアウェイに落とすという作戦。

しかしこの方法は大きなリスクを伴う事を前提として打つ事が必要です。

成功すれば、グリーン近くのフェアウェイやラフへ着地しますが、最悪の場合OB、または林からのショットを余儀なくされる可能性も。

ショートカットを狙う場合には、曲がった先のコース状態がどのようであるか、どのくらいの距離が必要であるかをしっかりと把握した上で狙うようにしましょう。

何度もラウンドしているコースであれば挑戦しがいがあるかもしれませんね。

まとめ

今回は、ドッグレッグの語源や攻略法をご紹介しました。

ドッグレッグの言葉は知っていても、語源を今回初めて知った方も多いのではないでしょうか?

また、攻略法でもご紹介しましたが、ゴルフはいかに戦略立てて狙った位置にボールを打てるかがとても重要です。

そしてそれがゴルフの楽しみ方の1つでもありますので、ドッグレッグのホールを迎えた際にはしっかりと戦略立てて、そのホールを楽しみましょう!