今更聞けないゴルフでよく使われる「Net(ネット)」ってなに? | CLUNK クランクゴルフ公式サイト

今更聞けないゴルフでよく使われる「Net(ネット)」ってなに?


初心者の方がゴルフをプレーするにあたってまず知っていただきたいことと言えば、やはりスコアに関する知識です。
ちなみに皆さんは「Net(ネット)」という言葉をご存知でしょうか?
実は、この「Net」もゴルフのスコアに関する最も基本的な知識の1つ。とりわけ個人の技量差を埋めるためのハンディキャップをつけてプレーした時に登場するキーワードです。
本日は、そんな「Net」の基本についてはもちろん、併せて知っておくと便利なハンディキャップの計算方法に至るまで詳しく解説いたします。

1 Net(ネット)って何?

1-1 ネットとはハンディキャップを引いた後のスコアのこと

ネット(ネットスコア)とは、18ホールすべてをラウンドし終わった段階での総スコアからハンディキャップを引いた後のスコアのことです。
ゴルフも他のスポーツと同様、年齢や経験によって習熟度も異なる上に個人の技量にも大きな差が出ます。
技術レベルの高い人から低い人まで同じ土俵で勝負する以上、ベテランに比べて技量の劣る人もラウンドを楽しめなければ意味がない!そんなフェアプレーの精神に基づき、ゴルフではハンディキャップというものが用意されているのです。
このハンディキャップを差し引いたスコアが、ネット(ネットスコア)と呼ばれるものになります。
主にアマチュアの大会などでは、ネットスコアを使って勝敗を競うことが多いです。

1-2 ハンディキャップを引く前のスコアはグロスと呼ばれる

ハンディキャップを引く前のスコアは、グロス(グロススコア)と呼ばれています。
つまりグロスとは、18ホールすべてをラウンドし終わった段階での純粋な総スコアのことをいいます。
腕に自信のあるベテランプレーヤー達が掛け値なしの実力で勝負を競う際は、このグロススコアが指標として用いられます。

2 ゴルフのハンディキャップって何?

グロスはハンディキャップを引く前、ネットはハンディキャップを引いた後のスコアであることが分かりました。
ではゴルフにおけるハンディキャップとは一体何のことなのでしょうか?

2-1 ハンディキャップとは「隠しホール」のこと

ゴルフにおけるハンディキャップとはズバリ、「隠しホール」のことです。
隠しホールとは、プレーヤー全員にわからないよう、予め18ホールのうちのいくつかにランダムで設定されたハンディキャップ算出用のホールのこと。
皆さんご存知の通り、本来ゴルフは18ホールの総打数の少なさを競うスポーツです。
その一方で、隠しホールが設定されているホールでは、カップインするまでの打数が多ければ多いほどスコア算出時に優遇してもらえることになっています。
つまり各ホールの規定打数(Par)を大きく越えてしまいがちな初心者プレーヤーの方でも、この隠しホールを叩くことで、上級者とも対等に渡り合える可能性が出てくるのです。

2-2 ハンディキャップには2つの種類がある


ハンディキャップには、オフィシャルハンディキャップとプライベートハンディキャップの2つが存在します。

2-2-1 オフィシャルハンディキャップ

オフィシャルハンディキャップとは、日本ゴルフ協会(JGA)の規定にのっとって算出された公式ハンディキャップのことです。
次にご紹介するプライベートハンディキャップとは異なり、まずは規定の組織・団体のいずれかに所属し、スコアカードを提出し査定を経た上で「JGAハンディキャップ証明書」というものを取得する必要があります。
最低でも2年間で10枚以上のスコア提出が必要となるため、競技としてゴルフをやり込んでいる方でないとオフィシャルハンディキャップは取得できないのです。
その分、ハンデの数値なども協会側で細かく決められているため、他のプレーヤーと自分の実力値を比較することができるというメリットがあります。

2-2-2 プライベートハンディキャップ

プライベートハンディキャップとは、オフィシャルハンディキャップを持っていない方が大会に出場する際に使用される簡易的なハンディキャップのことです。
オフィシャルハンディキャップのように、JGAハンディキャップ証明書の取得など複雑な手続きは特に必要ありません。
そのため略式ハンデと呼ばれることもよくあります。
初心者プレーヤーの方は、原則としてこちらのプライベートハンディキャップを使うことになるため、コンペに出場する際には是非とも覚えておきたいところです。
算出方法については、次の章で詳しくご紹介します。

3 ハンディキャップの基本的な計算方法


オフィシャルハンディキャップの算出方法は非常に複雑なため、今回は比較的使用する機会の多いプライベートハンディキャップの計算方法について詳しくご紹介します。
プライベートハンディキャップの計算方法は、採用する方式によって変わります。
以下、代表的な3つの方式の特徴とその計算方法について見ていきましょう!

3-1 ペリア方式

3-1-1 ペリア方式の特徴と算出方法

ペリア方式とは、18ホールの中からハンデ算出用に選定された「隠しホール」6ホール分のスコア合計を3倍したものから、18ホールのパーを引き、さらに0.8を乗じて算出する方式です。

・ペリア方式によるハンディキャップ = ([隠しホール6ホールのスコア合計]×3-[ 18ホールのパー])×0.8
ただしこの方式の場合、隠しホールは18ホール中6ホールにしか設定されないため、運の要素が強くなってしまうというデメリットがあります。
そのため最近のコンペでは、次にご紹介するご紹介する新ペリア方式を採用することが一般的です。

3-1-2 ペリア方式を用いたネットスコア算出の具体例

グロススコアが120、隠しホールとして設定された6ホールの合計スコアが40だった場合を例に、先ほどの公式にあてはめてネットスコアを算出してみます。

  • グロススコア…120
  • 隠しホールのスコア…40
  • ハンディキャップ計算式…([隠しホール6ホールのスコア合計]×3-[ 18ホールのパー])×0.8

ハンディキャップ は [(40 × 3) – 72 ] × 0.8 = 38.4
よってこの場合のネットスコアは、120 – 38.4 = 81.6となります。

3-2 新ペリア方式(ダブルペリア方式)

3-2-1 新ペリア方式の特徴と算出方法

新ペリア方式は、最もメジャーなハンディキャップ算出方式の1つです。

具体的には、18ホールの中からハンデ算出用に選定された「隠しホール」12ホール分のスコア合計を1.5倍したものから、18ホールのパーを引き、さらに0.8を乗じて算出します。

・新ペリア方式によるハンディキャップ = ([隠しホール12ホールのスコア合計]×1.5-[ 18ホールのパー])×0.8
先ほどのペリア方式よりも隠しホールの数が2倍(12ホール)になっていることから、ダブルペリア方式と呼ばれることもあります。
18ホールの2/3に当たる12ホールが隠しホールとして設定されているため、ペリア方式よりも確実に隠しホールを叩くことができるという点が大きなメリットと言えるでしょう。

3-2-2 新ペリア方式を用いたネットスコア算出の具体例

グロススコアが120、隠しホールとして設定された12ホールの合計スコアが90だった場合を例に、先ほどの公式にあてはめてネットスコアを算出してみます。

  • グロススコア…120
  • 隠しホールのスコア…60
  • ハンディキャップ計算式…([隠しホール12ホールのスコア合計]×1.5-[ 18ホールのパー])×0.8

ハンディキャップ は [(60 × 1.5) – 72 ] × 0.8 = 14.4
よってこの場合のネットスコアは、120 – 14.4 = 105.6となります。

3-3 新新ペリア方式

3-3-1 新新ペリア方式の特徴と算出方法

新新ペリア方式とは、ペリア方式と新ペリア方式のちょうど中間に当たる方式です。

具体的には、18ホールの中からハンデ算出用に選定された「隠しホール」9ホール分のスコア合計を2倍したものから、18ホールのパーを引き、さらに0.8を乗じて算出します。

・新新ペリア方式によるハンディキャップ = ([隠しホール9ホールのスコア合計]×2-[ 18ホールのパー])×0.8
実は先ほどご紹介した新ペリア方式は18ホール中12ホールが隠しホールとなっているため、実質、ほとんど実力通りのスコアが算出されてしまうという欠点がありました。
新新ペリア方式は、これを解消するために、新ペリア方式よりも隠しホールの数が3ホール少なくなっています。

3-3-2 新新ペリア方式を用いたネットスコア算出の具体例

グロススコアが120、隠しホールとして設定された9ホールの合計スコアが60だった場合を例に、先ほどの公式にあてはめてネットスコアを算出してみます。

  • グロススコア…120
  • 隠しホールのスコア…50
  • ハンディキャップ計算式…([隠しホール9ホールのスコア合計]×2-[ 18ホールのパー])×0.8

ハンディキャップ は [(50 × 2) – 72 ] × 0.8 = 22.4
よってこの場合のネットスコアは、120 – 22.4 = 97.6となります。

まとめ

本日はネット(ネットスコア)の概要と、ネットスコア算出に必要なハンディキャップの知識についてご紹介しました。
ゴルフはイギリス発祥*の紳士のスポーツであると言われています。(※諸説あります)
ネットスコアとは、経験値の異なるプレーヤーが一緒のラウンドで楽しめるように考えられたイギリスらしいジェントルなルールと言えるでしょう。
ゴルフ経験の浅い初心者の方でも、ネットスコアならコンペで上位に食い込める可能性が出てきます。
ただし、通常のホールでたくさん叩いてしまうと、スコアがどんどん上がってしまいますので注意が必要です…。
隠しホールの設定されている位置をざっくりと予想しながらプレーしてみると楽しいかもしれませんね!